FC2ブログ

防災意識について情報2点

情報2点

岩手で崩落の大橋、一部保存へ 橋げたも、地震被害を継承 9月7日 東奥日報
※写真はリンク先を参照してください。

昨年6月の岩手・宮城内陸地震で崩落した岩手県一関市の祭畤大橋について、県と一関市は7日、被害を後世に伝える災害遺構として、折れた橋げたを含む一部を保存することを決めた。

 今後、付近に駐車スペースや見学エリアを設け、メモリアルパークとして整備する。

 秋田、岩手両県を結ぶ国道342号の祭畤大橋(元の全長約95メートル)は地震で橋げたが折れ曲がるなどし、一関市が管理者の県に保存を要望。県は当初、治水管理上の問題などから折れた橋げたはすべて撤去し、一部の橋脚などに限って残す方向で検討した。

 しかし、「地震被害のシンボルともいえる橋げたを撤去しては意味がない」との意見が出て、県と市が協議してきた。

 専門家らの調査も踏まえた結果、落下した橋げたのうち、比較的安定度の高い秋田県側は、コンクリートなどで川底にしっかり固定すれば保存可能との結論に至った。

 県は11月をめどに撤去部分の工事を始める。


 先日の駿河湾地震に対する県民防災意識アンケートです。
静岡新聞ネットアンケート「駿河湾地震1ヵ月」 
8月11日の駿河湾地震から間もなく1カ月。あの地震の教訓を生かし、その後に実際に取り組み始めたこと、これから取り組もうと思っていることなどについて聞かせてください。また、予想される東海地震に対するあなたの思いについて聞かせてください。締め切りは9日。結果は後日、静岡新聞紙面で報告します。回答は静岡県民に限ります。ご協力お願いします。※本アンケートは個人を特定する情報を一切取得しません。 *Q1 家具が倒れる、家具の中の物が散乱するなどの被害が多くありました。あなたの家の家具の固定状況は?
------ 地震後、固定した これから固定するつもり 固定する予定はない、固定できない 固定する必要はないと思う 地震前から固定していた

*Q2 家庭内に3日分程度の食料、飲料水の備蓄をしていますか?
------ 地震後、備蓄するようになった これから備蓄していくつもり 備蓄の予定はない 備蓄の必要はないと思う 地震前から備えていた

*Q3 家屋の耐震診断・耐震化の状況についてお聞かせください。
------ 地震後、耐震診断を受けた(申し込んだ) 地震後、耐震化工事をした(申し込んだ) 耐震診断を検討している 耐震化工事を検討している 耐震化は必要ない建物に住んでいる 耐震診断・耐震化の予定はない

*Q4 家族間の連絡、安否確認方法の見直しはされましたか?
------ 地震前から決めてあり、見直しの必要はない 地震前から決めていたが、あらためて話し合った 地震後、家族で相談して決めた。 これから相談して決めておこうと思っている 特に決める予定はない

Q5 上記のほかに地震後に始めた防災の取り組みがあれば、ご記入ください(自由回答)

以上、今日までだそうですが、簡単な設問ですので、是非リンク先より参加してください。

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード