FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小犬と怪談本

淳二稲川のねむれない怪談1 [DVD]淳二稲川のねむれない怪談1 [DVD]
(2009/09/16)
稲川淳二ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)

商品詳細を見る
  今日は(も)全く全然まるでためにならない話しを。
 スピリチュアルとか占いなど、不安を食い物にする輩は大嫌いですが、怪談や妖怪、UFO・UMAなど「おらぁ見ただょ!」というものは悪意がなくて好きです。「あなたの知らない世界」や「水曜スペシャル」の川口浩探検隊など、楽しみにしていた世代です。

 当社は期末決算で、シビアな会議が続き、イコール、実務にも厳しさが反映していますが、こんな時期に怪談を読みたくなると、ぼやいた事があります。

(怪談 新耳袋シリーズについて)
扶桑社から第一夜を出版した際、100話を丸々怪談で構成したら、怪奇現象に見舞われた、体調を崩した、事故にあったなど読者からクレームが多く、別の出版社から99話+あとがき のスタイルに構成しなおしたという逸話が有名です。自分も第四夜と第七夜は一気に読破し、どちらのときも高熱を出しました。前にも書きましたが、みたくなるときは疲労やストレスで弱っているときなので、読まなくても熱くらい出すでしょう。そんなタイミングの人が多かったのだと思います。怪談は景気が悪く元気がないときに流行します
 。「蛇足 怪談ついでに」08.11.25のエントリですね。

 今年も怪談漬けの時期がやってきたようです(自己サイクル)。
 一昨日、寝がけに冒頭のDVDをダラダラと見て、小犬を連れて寝室へ。横になって読みかけの怪談本の続きを読み進めていたところ(↓)、

 
隣之怪 木守り (幽BOOKS)隣之怪 木守り (幽BOOKS)
(2007/06/13)
木原 浩勝

商品詳細を見る
 

あるエピソードになった途端から「くぅん、ふぅぅ~ん」と小犬の寝言。怯えるような震えた鳴き声ですが寝言の多い犬なので、そのまま読み進めました。「フンッ!ピスピス」「ぅわぉ~ぅうぅ」といつもよりおさまらないので「おい、やっくん、どうしたの?」と、それでも読み続けながら声を掛けました。普段なら、そこで目を覚まし、ケージから尻尾フリフリのっそり出てきますが、今日に限り「むぅう~むぅう~」と、一向に起きてきません。しょうがないなあと思い、ページを閉じるとピタリ鳴き止みました。ん?まあよいか、と読み始めるとまた「くうぅ~」と始まり、ページを閉じるとピタッと静まる。4回繰り返したところで読むのを諦め、ケージを見ると小犬が震えながらずっとこちらを見ていました。あれ?寝てなかったんだ?何か分からないが怖がらせてしまったようで、ベッドに上げて一緒に寝ました。鳴き始めから、つまり、特定のエピソードを読み進むあいだの30分くらいの出来事。

 こういう出来事を、体験者がビビリながら話し、人づてに解釈(尾ひれ)がくっついたり、作家さんや坊さんが因縁話をこさえると怪談が増殖するのでしょう。霊感があるとか、「わたし視えるヒトだからぁ」と言うのは、こういったことを怖がる感性に恵まれた、エンタテイメント系の才能だと理解すると楽しくなりますね。話芸、文芸の怪談は才能です。

jasper.gif ←ヤスパース号


本稿執筆中に、二度、フッと一瞬だけ電気が消えました。
「あるエピソードになった途端・・・」と書き込んで、フッ。再点灯。
ここでちょっと一服。気を取り直して、
「ページを閉じるとピタリ鳴き止みました。」で再度フッ。再点灯。
台風が来ているからでしょうか。嫌になっちゃいますね。

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。