FC2ブログ

ぞっとする劣化

 ちょっと残念な話題。まずは下記引用記事をどうぞ。

「ぼくゴリラ ウホホイウッホ ウホホホホ ウッホホウッホ ウホホホホーイ」…ゴリラの孤独を表現した短歌で17歳高校生、市長賞に輝く
山武市出身の歌人で小説家の伊藤左千夫(1864~1913)をしのび、短歌に親しむことを目的にした第57回左千夫短歌大会(同市主催)が18日、同市殿台の成東文化会館のぎくプラザで開かれた。小中高校生と一般の各部で作品を募集し、今回は過去最多の2987の応募があった。高校生の部ではゴリラの孤独を表現した県立成東高校2年菱木俊輔君(17)の作品が市長賞に輝いた。

「ぼくゴリラ ウホホイウッホ ウホホホホ ウッホホウッホ ウホホホホーイ」

昨年春、千葉市内の動物園でゴリラを見て、「ゴリラも人と同じように孤独なのではないかと感じた」そうで、その孤独感を表現したかったという。ゴリラのイメージを文字で表すなら「ウ」と「ホ」だったので、そのふたつでまとめるようにした。書き始めて30分ほどで完成したという。選者の田井安曇さん(78)は「素手でつかんだ本音を歌っているユニークないい歌だ」と評価する。
http://mytown.asahi.com/chiba/news.php?k_id=12000000901190003
国語の授業でつくり、応募した。入賞の知らせを聞いた時は「まさか、と思った。先生は何かの間違いかと思ったそうで、友人からも奇跡だといわれた」。バレーボール部員で、得意科目は数学と国語。短歌は「これからも何かの機会が あれば作るかもしれない」と話していた。

大会では各部での入賞作品が表彰された。田井さんは「小中学生にも新鮮な感覚の作品があり、左千夫も喜んでいるでしょう」と話していた。(高木和男)


中略

417 :名無しさん@九周年:2009/01/19(月) 11:09:52 ID:14oGG4vF0
1868年 17歳
梓弓向かう矢先はしげくとも 引きな返しそもののふの道


↓140年後


2008年 17歳
ぼくゴリラ ウホホイウッホ ウホホホホ ウッホホウッホ ウホホホホーイ

436 :名無しさん@九周年:2009/01/19(月) 11:11:32 ID:M8zbUA5eO
>>417
劣化SUGEEEEEEE

944 :名無しさん@九周年:2009/01/19(月) 11:53:16 ID:mmSXhBUX0
>>417
日本人劣化しすぎだろ

以上、引用終わり

 ここでまた古書から。

文第七八号 創作記念号  静岡師範学校 卒業記念文集 大正2年

 祖父源一郎(M39年生まれ、故人)の母校、大正末年くらいに在籍していたと思います。その一回り先輩の文集です。旧静岡藩校に明治8年設置、以降、静岡大学教育学部の母体のひとつとなっています。ざっと短文を抜き出して見ましょう。

1 規箴 四年甲 青島萬吉
 一国の価値は此の国家を組織する個人の価値なり。一個人の価値は其の平素現るる行動の価値なり。ゆえに吾人は日々に刻する足跡の清く美しからんことを努む。

2 教育者 四年乙 宮原太
 教育者は園芸師なり。されば曲がれるを正しこれを培ふは勿論なれど美しき花を咲かせんよりも香気あり美味ある果実を結ばしむる覚悟なかるべからず。

3 卒業 二部乙 河合美二
 鉛筆はピシンピシン折れるし手はプルプル振るえ頭はのぼせて、われる様、動悸はドクドクと益々胸にせまって来る 誤ってゴムで消すと穴があくしモー五分アー三分と試験官の注意も吾身にとっては恐ろしい宣告である ああもう此の恐ろしい宣告も今一度

 うーむ、自分が二十歳そこそこの頃を省みて、今の若い子を笑うこともできません。戦前教育との差はどこにあるのかといえば、公人教育による無私の心、使命感が前提であり、公の立場を知っているから3のようなユーモアが面白さを増すのだと思う。戦後教育の最たるは個人の権利義務にあり、努力を無にする「結果」の平等にありそうです。公(おおやけ)という概念が崩壊の危機に瀕しています。派遣村騒動に違和感を覚えた人はこの点に気付いているのだと思います。

※ 短文の分かりやすいところを抜き出しましたが、漢文、英文、大論文、散文詩、短歌と、教育レベルの高さに舌を巻きます。大学全入時代と言いながら大人になろうともしない軟弱が目に付きます。当時の師範学校はエリート中のエリートですが、エリートの比率は確実に下がっていると思われます。欧米も劣化が激しいようでエリートだけは大切に教育し、新興国や東南アジアは国家を担う若者を全力で育てています。文部科学大臣様、国費で留学生受け入れも結構ですが、その前に日本を担う若者への投資に力を注いでください。(興味のある方、調べてみてください。明治の国費留学生の覚悟、現在の留学生受け入れに偏った予算、この国のあり方を憂わずにいられません)

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード