FC2ブログ

ちょっとカワイイ防火対策

オオニワシドリ ←09.11.02 静岡新聞(WEB版なし、クリック拡大)

 防災屋のブログですので、本業についてはいつも、真面目腐った記事になりがちです。やわらかく書いているつもりですが、ついつい肩に力が入ります。今朝の朝刊より、カワイイ記事があったので、息抜きで紹介します。

豪州のオオニワシドリ 求愛場所に防火対策?  上の記事です。
オーストラリアに生息する鳥が木の枝で作る「出会いの館」に、防火対策を施し、野火から守っている。立教大三上修都区別研究員らが発見。防火に対する動物の行動はこれまでほとんど知られていない。・・・以下、記事を参照願います。

オオニワシ・・・鳥には詳しくありませんが、大庭師のようですね。
野火が多い地域で「あずまや」と呼ばれる巣を設営するが、周囲の草むらが95%以上も燃えても、巣を避けるように燃え残ったとのこと。オスの行動が防火目的なのかは不明。メスの気を引く行動が、結果、意図しない防火効果が生まれた可能性もとありますが、「大事な出会いの場を火から守る為にこの行動に進化したのであれば面白く、意味をさらに探って生きたい」。正直、学者さんも案外ロマンチストだなと思わないでもありません。象の群れなど「利他行動」が知られていますが、人間が特別上等だと思い上がるいわれも無いとは思いますが。

鳥学生さんのブログ With the Wing@BIRDS で早速取り上げていましたので。
オオニワシドリの東屋は火事でも燃えない!
『今年の鳥学会でひときわ会場をわかせた発表の元論文なので発表を聞いて酷く衝撃を受けたけれど、論文を読んでも溜息が出る。野火への適応か、性選択の副産物かということは置いておいて、動物の行動には目を疑うようなものがあることを痛感。』

テーマ : 面白いもの発見
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード