FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県警 治安向上へ新プログラム 

治安向上へ新プログラム 県警 01/22 静岡新聞

 県警は今年から4年間をめどとした新たな総合的治安対策「ふじのくに静岡安全・安心推進プログラム」を策定し21日、発表した。「犯罪に強い社会づくり」「人に優しい交通安全社会の実現」「安全・安心のための警察力の強化」を3本柱に、2013年末までに刑法犯の認知件数を4万件以下(09年4万1070件)とするなど具体的な数値目標を盛り込んだ。
 このほかの数値目標は交通事故死者数200人以下、人身交通事故発生件数3万7千件以下の定着―などを設定。1年ごとに対策を検証する。
 県警は犯罪の増加傾向に歯止めをかけるため、07年から3年間にわたって緊急治安対策「治安再生プログラム」を推進してきた。刑法犯認知件数や交通事故死者数が減少するなど一定の成果を上げたが、新たなプログラムでも「件数は依然多く体感治安も向上していない」と分析。中長期的な視野に立ったさらなる治安の維持・向上を図るとした。
 「犯罪に強い社会づくり」のための重点施策として(1)安全・安心を確保する総合対策の推進(2)重要犯罪等に対する捜査の強化(3)総合的な組織犯罪対策の推進(4)テロ等への的確な対応―を掲げる。


 上記記事に先立つ昨1/21付けで、同新聞より
職質 サムネイルをクリックして拡大してください。
09年検挙、過去最多1256人 の見出しで
”職質のプロ”県警自動車警邏隊 初動での重要性 高まる の記事です。以下、抜粋。


・職質による検挙は906人(前年比96人増)で、全検挙人員の72・1%を占める。
・同隊の検挙人員は刑法犯が874人(57人増)、特別法犯が382人(3人増)。刑法犯のうち、強盗、
 殺人などの凶悪犯罪が33人(4人増)、自動車盗、侵入盗などの重要窃盗が50人(3人減)
・特別法犯は覚せい剤、大麻などの薬物犯が41人(10人減)、入管難民法違反が59人(87人減)、
 凶器携帯が103人(9人増)など。未成年者にたばこを販売したとして、コンビニなどの店舗が未成年者
 喫煙禁止法違反で検挙される事案(79件)が目立つ
等々

浜松マージャン店の放火殺人など、「体感治安」については不景気間に相まって悪化しているようにも感じます。県警による新プログラムや、初動のご活躍を敬意を持って応援します。

証拠保全の防犯カメラや、サイレン、センサーライト、入退室管理システムなど、威嚇(侵入する気をなくす)ことから、地域や企業、ご家庭のセキュリティを今一度ご確認してください。公共投資や、企業の設備投資が冷え込み、セキュリティ体制についても、担当者さんもコストの見直し等で大変なことと御察しします。警備保障会社から、発達した通信網による自主防犯への切り替えや、老朽化した監視カメラ網の省エネデジタル化など、LAN環境などによる映像配信で拠点一括監視も可能になっています。

・・・段々と商売っ気が出てきましたので、この辺で。

テーマ : 静岡県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。