FC2ブログ

よいお客さんのマネをする

 色々な業種に協力会社があり、親睦会や安全協力会などの下請け会があります。
 当社も工場、工事会社、百貨店、宿泊施設など多くの得意先の会に参加させて頂いており、当社の協力会社も工事安全協力会を組織しています。

 現今のようにモノが売れない、コストダウン要請が強い時代にあって、当たり前ですが、協力会社だからこそ値段も協力しろという、グループ全体の努力が求められている訳であって、協力会に登録していない会社をライバルとして引っ張って来られたり、過酷なところでは協力会社に葬式がでた場合に「葬儀が派手なようならマダマダ値段交渉のチャンス!」という親会社の噂も聞きます(噂がリアルに聞えるほど厳しさに定評があります)。協力会費を払い、安全活動を通じて無事故無災害記録に貢献し、勿論、価格の相談に真摯に対応しているのにあんまりではないかという場面も往々にしてあります。

 先日、電気設備工事会社の協力会新年会があり、出席してきました。ここのところ各担当者にまかせっきりで、久し振りの参加でしたが、とても素晴らしい会だったので報告方々すぐにでも真似て導入したいと思います。本来なら種明かしはしないほうが格好がよいのですが、そのお客さんも「更に上の親会社の会に感銘を受けて」ということなので、よい習慣が巡り巡ってということで良いかと。
 

 普段は担当者単位での参加ということで皆さんにお任せしていますが、当社を優秀工事で表彰するのでということで、「社長さんも是非」とお招きいただきました。

 社長より(厳しい市況を反映した)心強いメッセージのあと、優秀工事会社の表彰、懇親会という流れ。

 社員にも良く聞いておいて欲しい、、、という語り出しから、「不況の中、に客先を回って大切なことを理解した。営業年数は時間の積み重ねの中の良い仕事の蓄積である。」厳しい時代だからこそ「正直な仕事、嘘の無い仕事、誤魔化さない仕事」を約束して欲しいと、あくまでも客先を大切にしながら協力会の永年の貢献を労われました。大変に迫力のあるスピーチでした。

 以下、10社ほどと若手の社員さん2名が優良工事で表彰されましたが、基準が明確で、決して持ち回りの御座なりな賞ではなく、真似したい一項目。協力会社へ発注する現場ごとに業者を採点し、厳正な集計で選ばれるので受注量にも偏らず担当者の贔屓にも偏らず、良いシステムだと思いました。評価までならISOの取組みから当社も実施していますが、表彰制度という名誉をもって労うという、これは有ってしかるべきだと思いました。

 これも一本取られたというのが席次。丸テーブル其々に会長・社長以下役職者がホストで配置している訳ですが、親会社である皆さん下座。協力会長の乾杯が終わると重役そろって注ぎにまわり、一社一社もらさず労いました。逆にコチラが注ぎに席を立つと「ちょっと注ぎに行けないじゃないの。お客様は坐っててね。」とのご配慮。結局取締役全員とご挨拶が叶いました。(その間、若い衆にも随分と注がれ)

 散会は幹部社員全員に見送られ。実は会に先立ちお出迎えもありました。ホストに徹っした親会社ということですが、製茶の優良企業の協力会を参考にしたということです。さすがお茶はもてなしの商売ですが、建設業にも衒いなく導入されるところに痺れました。

 ともすると元請けが上座だと注ぎに来る人としか会話が出来ません。全員と情報交換をし、現場の生の声を採集するにもホストに徹することが一番効率が良い。また酒の量を自制できるというサブメリットにもなりますね。今年の忘年会の幹事どの。(実施できればですが)毎年、ホストになって注ぎに行け!という意味はこういうことです。下座に坐って、一斉に立ち上がるとうシステムを立ち上げたことで趣旨を徹底できますね。いただきました。

 また、客先・メーカーの総会やイベントに参列する担当者どの。良かった点、参考になる制度があったら「このお客さん、スゴイ!」と情報を寄せてください(宿題)。

テーマ : 中小企業の経営
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード