FC2ブログ

【全国第1号!】文化財には無線式の火災報知機【設置記念】

遠州銀行封

木下恵介記念館(旧浜松銀行協会) 浜松市HPより。昭和5年(1930)の建設です。。。に、ホーチキ㈱の新機軸、無線式の自動火災報知設備を全国第一号で納入しました。正式には4月に販売開始の為、無理を言って機器を供給して頂きました。市指定の有形文化財でもあり、配管配線が困難、または美観上好ましくないというニーズに加えて、省線省施工というメリットでご採用いただきました。これにより工事関係者からも配線を傷つけて絶縁不良による誤作動も心配なくなりますので、設備の信頼性が上がるとご好評を頂きました。建物の美観は近代建築散策様の旧浜松銀行協会国・登録有形文化財(1998.01.16)、内装および平面図は浜松まちづくりセンターの紹介ページで堪能できます。が、お近くの方は是非拝観して下さい。

何しろ販売開始前で大したPR資料も無く恐縮です。メーカーも急ぎ作成中の模様。当社HPにもメーカーHPにもまだ載っていません。お問合せの方は、当社公式HPの問合せフォームまで直接ご連絡お願いします。近日中にプレスリリース等、考えています。

銀行協会 アンテナ
旧銀行協会の外観と、設置した機器のアンテナ(赤丸部分)

無線で配置した熱や煙のセンサーからの信号を集約します。センサーは其々10年保証のバッテリーで独立していますので、従来の有線で常時通電していた機器より省エネ対応にもなっています。4月から施行の改正省エネ法にも(試算が必要ですが)適っていると思います。

木下恵介記念館 財団法人浜松市文化振興財団のHP

全国1号機設置を記念して、旧浜松銀行協会と同じ建築家、中村與資平による遠州銀行(現静岡銀行)の新築落成絵葉書をどうぞ。記事冒頭、封筒の写真が包装紙。浜松市中区田町。昭和3年(1928)。施工は清水組・現清水建設です。


遠州銀行全景
遠州営業室
  営業室、吹き抜けです。



遠州保護金庫 
  左;本金庫  右;保護金庫

こちらも、数年前に静岡銀行浜松営業部新館建設工事に伴い、大幅なリフレッシュ工事で当時の威容を取り戻しました。その風景を中村與資平記念館別館様で見ることが出来ます。新築当時と見比べてください。こちらの工事でも防災・防犯の分野で最新のシステム導入をし、消防設備の法定点検を請け負っています。

現在はアゴラ浜松としてしずぎんギャラリー四季を開設していますので、足を運びやすい文化財だと思います。

静銀本店
  静岡銀行本店(静岡市葵区呉服町)

こちらは昭和6年(1931)。やはり中村與資平作品です。施工も清水組。
現在の姿は駿府は96カ町様のこの記事で。先日UPした駿河湾地震についてのエントリでも、駿府城石垣修復工事の風景写真を見ることが出来るブログとして紹介させていただきました。並々ならぬ駿府愛を感じ、お気に入りリストに登録しています。
※ 追記 4/15 当社HPにて無線式自動火災報知設備の紹介ページをUPいたしました。

テーマ : 建築遺産から現代建築
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード