FC2ブログ

そろそろ45周年企画の解題をば

今月9月は、弊社決算月。この景気ですから、例年以上にタイトな追い上げ、積み増しでヘロヘロです。
そういう状況がわかっていながら、9月1日、防災の日からの45周年事業「消防設備と火消しの今昔し展」も強行しましたので、暑い上に休まない、本当に長い夏でした。その他、若干名、必要以上に周囲に心配と負担を掛けた人たち。敢えてバカヤローと言いたい。バカヤロゥ!

ああ、ちょっと、少し、スッキリしました。失礼。
心配を掛けた人たちには、心より感謝しつつ、ごめんなさいと謙虚な気持ちを忘れないように。くれぐれも。

各所への御礼廻りともども、月初のイベントの総括がようやく纏りつつ、展示内容の説明不足など反省点もありますので、何回かに分けて、ブログ上で解説していこうと思います。とりあえず今回はサワリのみ。創業社屋(家賃)のご紹介から。

浜消有2  すべてはここから。

公式年表には ↑ を採用しています。創業より5年間お世話になった常磐町の貸店舗。現在地、将監町へと移転し、工事会社として株式会社を設立し、有限会社のほうは”浜消メインテナンス”として保守専門部隊となりました。㈱と㈲は事業統合して現在に至る、とその経緯は公式HPの沿革をご覧下さい。





浜消有1  

非公式ではこちらがお気に入りです。女の子が二人、通行人なので街に溶け込んでいる感じがします。公式の上の写真も、社屋、工事車両、誰かはわかりませんが先輩が写っていますので、臨場感では上ですが。この子達ももう50代でしょう。お孫さんまでいるかは知りませんが、時代が感じられます。

 起業から5年で事業のベースが全て整い、それから40年を順調に推移しています。地域の発展とともに、本当に皆様に可愛がっていただくことが出来ました。創業者は、会長職として、また公人として、業界の発展に精力的に努めています。身内を褒めるのもみっともないかもしれませんが、スゴイ親父だなあとつくづく思います。足元にも及ばない、とか謙虚な物言いになってしまいますが、正直、やっと親父の膝に掴まり立ちしているところでしょうか。鼻息だけは荒く「オレのやり方、現代風のやり方がある」と生意気を言ってしまいますが、「チクショウ、敵わねぇ」という気分はよく味わっています。まあ、冒頭のように社員に謙虚さが無いと説教するときもありますが、社長に謙虚さが無いからか、と自問の日々は続きます。

 悩んだら原点に帰るとか、事業のなりたちを確認すると自分の鼻息がおさまります。以下、次号。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード