FC2ブログ

出展が続きますが、秋の新製品あります。

約30カ国から関係者 UD会議、来月から浜松 09/28 静岡新聞


 国際ユニヴァーサルデザイン協議会は27日、都内で記者会見し、10月30日開幕する「第3回国際ユニヴァーサルデザイン会議2010inはままつ」の概要を発表した。約30カ国からユニバーサルデザイン(UD)にかかわる企業や行政の関係者、研究者らが出席し、講演やパネルディスカッションなどを通じ交流を深める。協議会総裁の三笠宮寛仁さまは「全国で初めてUDの条例をつくった浜松市での第3回も大成功すると思う」と期待を寄せた。
 開催テーマは「人と地球の未来のために―持続可能な共生社会の実現へ向けて」。日程は10月30日から11月3日の5日間。浜松市中区のアクトシティ浜松と静岡文化芸術大が会場となる。
 講演とパネルディスカッションは計22のテーマに国内外の41人が登壇する。10月31日は国土交通など4大臣(予定)が持続可能な共生社会に向けた政治の役割について意見交換。30日には映画「1/4の奇跡」で知られる石川県特別支援学校の山元加津子教諭が基調講演する。このほか、国別や観光などの視点からUDの動向が報告される。
 最新のUD製品も展示され、県内のスズキ、ヤマハを含む50企業・団体が出展、一般に無料公開する。地雷除去と同時に整地もできるとしてアンゴラやカンボジアに納入され、現地住民から評価されている日立建機の地雷処理機なども紹介する。
 寛仁さまは、20年以上前に障害者用のスキー用具をヤマハと共同開発したことがUDにかかわるきっかけの一つになったとし、「わが国の経済は今うまくいっていると思わないが、UDが成功し、静岡県民をはじめ、国民が元気になることを希望している」と述べられた。
 決算月につき更新が遅れています。恐縮です。

 去る9/1~9/7、防災週間に開催した「消防設備と火消しの今むかし展」の企画の興奮冷めやらぬ(当社内)ムードですが、上記についても「地元企業だから是非、出展しなさい」との声があり、粛々と準備を進めています。同じようなものを出展すれば楽なのですが、趣旨がユニバーサルデザインなので、そちらの新商材(新規開発)でエントリー。地元枠だけに安価で出展という恩恵はありますが、決算をまたいで来期予算の執行。経費面でも助かりました。

 当社、特に本社所在地の浜松では、創業以来「浜松消防設備㈲」のイメージから、防災屋のカラーが色濃いですが、UD事業にも10年前から取り組み、この分野では最古参の実績になってきました。とりあえず当社UDラインナップは公式HPから。当社も、この事業分野から、工事・点検会社であったところから、システム開発、製造分野にチャレンジしています。

 防災分野こそ、避難誘導から初期消火まで、ユニヴァーサルデザインな発想が必要になると信じて、日々、新システムの開発に余念が無いところですが、今回は当日展示まで企業秘密にさせてください。乞うご期待。

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

楽しみです

Re: タイトルなし

> 楽しみです

ありがとうございます。
現在、担当者が鋭意製作中です。また、開催地である浜松市も街路のバリアフリー化の残り、「地下道」の音声サイン整備を(会期に間に合わせるべく)急ピッチで進めています。当社は同時進行で汗をかいているところ。

地下道UD化のシステムについても発表できる段階で本ブログに掲載いたします。今後とも宜しくお願いします。
プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード