FC2ブログ

目玉製品、お披露目

国際UD会議 いよいよ明日10/30より開幕、地元企業として開発機器を出展します。11/3まで。

弊社公式案内ページより

セルコ(株)出展ブースについて

1)新製品 「ソーラ街路灯付音声案内板(名称未定)」 高さ4mの大物
・建築物などの配置を表現した触知式案内板です。
・震感センサを搭載し、地震が発生すると音声で避難地に誘導します。
・災害時にも安心なソーラ街路灯も付属しています。

2)LEDバックライト方式音声付触知案内板
・建築物などの配置を凸凹や点字で表現した案内板です。
・本体をLED光源の内照式にする事で、顔を近づけて見た時の照明の映り込みを抑え、
・弱視の方への利便性向上が見込まれます

※以下、本件に関する業務連絡
① 本日の搬入から、会期中の受付業務、最終日撤収まで、大変ですがよろしく。
② 開発担当N氏、昨日本件について日経新聞の取材を受けたそうで、記事になるかどうか判りませんが
  楽しみにしています。
③ 出展品 上記2)、浜松市役所前の地下道に設置完了。浜松市の導入が全国初の事例となり、
  中部地域のまちづくり助成金事業を受けている自治体が一堂に視察に来たそうです。
  浜松市による電気工事の完成検査でも施工技術そのものの高評価も頂き、N氏の大活躍、ありがたいです。
  (当社の全国初、今年の2例目。目立たない設備ながら、ちょっと誇らしい)


国際UD会議、あす開幕 浜松 10/29 静岡新聞

 多様性と人間性を尊重し、誰もが暮らしやすい社会を目指す「ユニバーサルデザイン(UD)」を多角的に考える「国際ユニヴァーサルデザイン会議2010inはままつ」(国際ユニヴァーサルデザイン協議会など主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が30日から、浜松市中区のアクトシティ浜松で始まる。
 第3回の今回は「人と地球の未来のために―持続可能な共生社会の実現へ向けて」をテーマに、世界30カ国の専門家らが出席し、11月3日までシンポや分科会で各国の取り組みや今後の在り方を話し合う。
 初日は午後2時から公開シンポを開催。映画「1/4の奇跡」のモデルとなった石川県の特別支援学校教諭山元加津子さんや英国の作家ロナルド・ヒギンス氏の基調講演や、パネル討論「人と地球の未来のために」が開かれる。2日目は公開討論「政治とUD」(午後3時5分から)や、映画「1/4の奇跡」観賞会(午後6時20分から)を開く。
 併せて、企業などが製品や取り組みをアピールする展示会を開催。県や浜松市、県内企業、市民も「浜松ほっとコーナー」で活動を紹介する。
 展示会エリアは入場自由。公開イベントは事前の参加登録が必要。問い合わせは事務局〈電045(901)8420〉へ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード