FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳の日なのでモノラルを

 3月3日 雛祭り のほかに 耳の日 ということです。

 機会があるとプライベートや社内だけでなく客先でもオープンにしていますが、私、左耳が聴こえません。難聴のレベルでなく、聴神経がダメなので、まったくゼロです。日常で特段の支障が有る訳でもなく、クラスに一人くらいは居る割合らしいです。普段は自分も意識しないくらい当たり前のことですが、左側から話し掛けられても気付かないことがあり、「無視しやがったな」など誤解が無い様にお断りしておくようにしています。或いは、うるさいくらい聞き返すことがあると思います。聞き漏らしてはいけない、大切なことを言われたかな、ということですのでご諒解願います。聞き返すときは左側の発言者にも右耳を傾けて「え?もう一回!」となりますので宜しく。

 扁桃腺が人の3倍くらい大きいと言うのか幅広らしいので、幼少時にはよく高熱を出しました。其の関係で聴神経に影響したのでは、とのことです。(毛根も人の3倍と言われました。髪の毛、硬いです。)扁桃腺を取るという対処もあるのですが、それがために死ぬほどの弊害が無ければ生まれたままのほうがいいよ、とお医者さんからのアドバイスに従っています。

 「音源定位」というもの、音がどの方向から聞こえるのか判断する能力ですが、聴覚が発達する前に聴こえなくなったようで、この能力がありません。見えないところから呼ばれると中々その人が見つけられない。同じく未発達と言うことだと思いますが、色々な騒音の中で会話が成り立つかと言えば、右耳がモノラルで区別無くすべての音を集めてしまうので聞き分けが困難です。そのようなわけで少人数の商談、秩序だった会議は苦になりませんが、5人以上の輪になると一方的に話しをするか聞き役に徹するかになり、内緒話や私語は成り立ちません。そんなことでお断りしてあっても普段の会話が成り立てば忘れられていますので、生活上の習慣として「大事な話を聞き漏らさない」が基本姿勢になっています、ご心配は無用ですが、上に挙げたとおり失礼があった場合はご容赦ねがいます。

 
 さて、家では家内とよく映画のDVDを見ます。5.1chサラウンドなど本当に素晴らしいそうですが、AVアンプの設定を自分ですると普通の2chステレオ設定になっていたり仕様を活かせない事がよくあります。奥さんスマン。

 で、趣味の音楽では彼是20年近く楽器を弄り、寝るときもCDを掛けないと寝られないくらいですが、勿論、ステレオの臨場感を楽しむことは出来ません。自分が片方の耳が聴こえないと理解したのは20年以上前、ウォークマン購入がキッカケです。それまで、TVのイヤホンでは片方の耳でTV音声を聴いている時、もう片方で周囲の音が聴こえていない事には気付いていませんでした。ウォークマンのヘッドフォンでステレオ音声が初めて直接耳に当てるようになり、曲によってベースがやたら大きいとか、ボーカルが全然聴こえないなど、バランスがちぐはぐになって、なんだコレ?となった次第です。ウォークマン登場以前からモノラルのポータブルテープレコーダーが安価でありましたが、カセットテープが廃れる15年前くらいまでコチラを愛用していました。実はCD・MD・Ipodなどメディアが変遷していますが、デジタル機器=ステレオになってしまい、使えるポータブルがなくなってしまい、さびしい思いをしています。

 楽器をいじって録音機材で多chをMIXする場合、すべてモノラルで仕上げます。通常ロックバンド編成の場合はステレオで臨場感というパターンが多いと思いますが、重層的に音を重ねる場合はモノラルで音の塊りにしたほうが迫力が違います(と言われます)。ジャズやクラシックもそうですが、ポップスなんかでもウォールオブサウンド(フィルスペクター・ビーチボーイズ・山下達郎など)のスタイルでもモノラルが非常に有効だと思います。

ペット・サウンズ(MONO&STEREO)ペット・サウンズ(MONO&STEREO)
(2008/06/11)
ビーチ・ボーイズ

商品詳細を見る


 ビーチボーイズ、懐メロのサーフィンバンドと馬鹿にしていた時期がありました。紹介したアルバムは1966年発表当時は人気に陰りが出た頃ですが、現在では最高傑作の評価になっています。詳しくはファンサイトでどうぞ。モノラル・ステレオ両バージョンが1枚に収録されているのでモノラルの有効性を理解するにはもってこいです。リーダー・ブライアンウィルソンがプロデュースする作品も本来はモノラル。オーディオ機器メーカーがレコード会社を持ち、ステレオ規格の機器とステレオ録音のレコードを同時に拡販している時代なので、モノラルの完成品を仕上げてから改めてステレオに分離したもので、この頃はビートルズほか著名なバンドはモノ・ステレオ両バージョンとも販売していました。

 え~と、ビッグネームを勝手に引き合いに出していますが、自分の趣味のバンドはボーカル無し、即興演奏で気の向くまま重ね録りも即興で。自己満足のための趣味ですので、とても人様にはお聞かせできません。いずれ世に問いたい曲でもできれば当ブログにでもアップしようかと思います。ロックで無いのは勿論、ポップでもありません。

 以上、「社長って話しを聞いてないよね?」に対する弁明と、「それなりに楽しんでるでしょ?」というお話しでした。

 

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。