FC2ブログ

棟梁 堂宮大工の世界展に 駆足で

吉相建築図


またもや終わった企画で申し訳ありません。
竹中大工道具館開館25周年記念巡回展「棟梁 ‐堂宮大工の世界‐」

巡回展とのことで、東京・札幌・神戸は既に終了、名古屋のトヨタテクノミュージアム産業技術記念館の会場に行ってきました(今日12/28まで)。挨拶回りと忘年会の合間の駆足ですが、大工道具のみならず、製図道具と設計図など、また実物大の唐招提寺金堂の軒(?)など、迫力が有りました。こちらは神戸の本館も是非に訪れたいと思いました。また、展示室の出口では、五稜郭内に再建された函館奉行所の作業風景のドキュメントを上映していました。ここも実地見学してみたいですね。元々が江戸末期の日本建築の総まとめになっているそうで、当時の図面と技術で再現されたそうです。

この特別展示室は入場無料でご案内いただきましたが、本体のトヨタ産業技術記念館は流石。自動織機から自動車産業へ、流れを知っていても、実際の産業機械群やデザインなど貴重な資料がこれでもかと展示されています。

手元に写真や資料なしで記事を書いていますので、曖昧な記事で済みません。この件、再度取り上げるかもしれませんが、この程度で勘弁してください。

上掲の写真は私蔵ですが、江戸時代末の住宅設計図のうち、家相図。朱色の放射線も目に鮮やかですし、この方角に押入れがあると娘が嫁に行けないとか、一言多い感じが気に入っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード