FC2ブログ

浜松八幡宮で裃を着た

八幡追難 浜松八幡裃軍団

遠州一円の厄追い払う 浜松八幡宮で「追儺式」  2011/02/03 静岡新聞

 神の化身が鬼を退治し、遠州一円の厄を追い払う伝統の節分行事「追儺(ついな)式」が2日夜、浜松市中区八幡町の浜松八幡宮で行われ、大勢の参拝客でにぎわった。
 追儺式は、神の化身とされる「方相氏(ほうそうし)」と天皇の勅使「上卿(しょうけい)」が鬼を追い払う、平安時代の宮中行事で、その流れが同神社に伝わる。
 境内では盾と矛を手にした方相氏を先頭に、装束を着た氏子や童子たちが大声を上げながら、悪疫の象徴とされる赤、青、黄色の3匹の鬼たちを追い回した。鬼を撃退すると、勅使役などの5人が神殿から次々と矢を放ち、人々の幸福を願った。
 
八幡鳥居 浜松八幡宮
 浜松八幡宮の追難式に参列してきました。上の裃の一団です。天皇の勅旨「上卿」、殿上人、陰陽師、裃(馬上の設定)、童子、裃(徒歩)が内訳だったかな。遠州一円の厄払いです。これに神の化身「方相氏」が疫病など諸悪の化身「赤青黄の三匹の鬼」を追い払う鬼やらいです。八幡さんでは本日2/3に豆まきをやるので前夜祭のような前乗りの儀式です。今年に入って寒さが厳しく、特に遠州のからっ風といわれる地域ですが、昨晩は風もなく暖かい方でした。昨年に初めて御呼ばれしたときは寒いやら裃の下は肌着だわ(注意事項を聞いていなかったため)、足袋と雪駄だけでは霜焼けになりそうな冷たさでした。今年はヒートテックと5本指の靴下でフル装備で挑みました。

裃は葵の御紋ですが、徳川家康公のチャレンジ時代に武田軍から敗走しご神木の大楠の洞に隠れて難を逃れ無事に浜松上に逃れ着いた故事からのようです。

八幡鬼 三匹の鬼
見物の主に子供を脅かして回ります。今回は境内を4周する異例の大サービス。特に見物客から「赤鬼、こっち来いよ!」と挑発されるなど、赤鬼のノリがよかった。中身のカズさん、お疲れ様でした。

八幡方相氏 方相氏と童子軍団
方相氏と童子軍団(男児シロ女児ピンク)による鬼退治。攻防を繰り返しながら境内をグルグル追撃、これを4周。鬼は逃げながらも見物人にちょっかいを出す。

八幡天上人 
上卿と殿上人が四方に破魔弓を射る。弓を拾った参詣者は無病息災です。一人、打ち損じて真下に入る裃軍団に飛んできました。



八幡協賛
協賛の皆さんと直会してお開き。親しい先輩ともう一軒行こうか、といことでお開き。
蛇足ですが、日本語は難しいです。引用記事中、「平安時代の宮中行事で、その流れが同神社に伝わる。」とありますが、それを今に伝える京都の吉田神社に教えを請い、平成5年から19回目の新しい儀礼です。今のところは伝統行事ではなく、恒例行事の表現がしっくり来るかもしれません。宮司様のもと氏子連や奉賛会と継続していくテーマなのでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード