FC2ブログ

お疲れ様 ISOの更新審査

募金3回目

 先週末の4月7・8両日でISO更新審査を受験し、無事更新が認められました。
 管理責任者、業務改善委員長、以下委員の皆さん、本当にお疲れ様でした。3月年度末(当社は上期の折り返し)の多忙ななか、よく細かいところまで行き届いた対応がなされたとのこと。日常業務のチェック項目として、習慣化されてきた証ともいえると思います。但し、審査員の先生よりサジェスチョンも頂いたと思いますが、改善の仕組みが回っていても、一定のミスや手戻り作業が根絶できたわけではなく、これに対する予防や速やかな原因分析など、更なる意識向上や動機付けが必要なのでしょう。合格したばかりでうるせえなあ、という気がしないでも無いですが、作業に専念しつつ、人間性の向上にもつなげたいと、そういうことです。

 社長はといえば、初日の審査に先立ち、トップインタビューを受け、今年度の経営方針、品質方針、教育方針について根掘り葉掘りを世間話の体裁で聞きだされました。さすが情報の引き出し方に長けていますね。やはり現状の行き詰まりを感じるテーマでは赤面を隠すことも出来ません。が、期待の新入社員を得て、どのように育成し、もって教育者として先輩諸君のレベルアップを図ることで時間をかけて解決すること、当面の苦労は報われるであろうことは胸を張って説明しました。

 インタビューの中で、いわゆる「企業姿勢」ということを問われ、なかなか意識が高いですね、とご評価を頂いております。話題は今般の震災対応についてに多く時間を割いています。先生方も多忙なようで震災より一ヶ月で数社の審査をしているそうで、運送業の受験者は支援物資の搬送に燃料高騰・不足を物ともせず社有の何割を投入したとか、即座に・実行に・移す手腕、判断、思想性を評価されています。当社が先日報告した義援金以降の取組みも「実践」する行動力を評価いただきました。
 


  さて、冒頭の写真。審査終了後の昨日(日曜日)に駅に向かっていると見慣れた客先の幟があり、近付いてみると社長以下多くの社員さんが子供を交えて被災地への募金の呼びかけ。3/27,4/3と続き3回目の行動だそうです。丁度こまかい金額がなくて小銭で失礼しましたが、社長さんはビシッと背筋を正し、社員さんとお子さんたちは大声で支援を呼びかける、ちょっと胸が熱くなる光景でした。人材育成と地域貢献に熱い思いのある社長さんで会社訪問のたびに感心しているのですが、今回の件に限らず社員総出で「防犯灯の清掃」「プルタブ・エコキャップの寄贈」など多くの地域貢献を実行しています。日頃より行動する社風が、毎日曜日という休日に多くの有志で声を出す企業姿勢に繋がっているのだと思います。間違いなく地元有数の意識が高い企業であると思います。社長様より快く写真撮影とブログ掲載のご了解を頂きましたので。松川電気様のHPはこちら

 ここまで何度も書いていると思います。速やかに実行することが尊いのであって、気持ちの良いことを「思う」だけでは誰の徳にもならないし、勿論、自己の成長に繋がりません。やってみて修正していくことが、一次が万事、成長ということだと思います。ISOはベストな状態ではなく、そこへ至る為の成長プロセスの記録です。更新が成ったということは、成長し続ける資格がありますよ、ということです。そのような理解で更なる向上につなげていきましょう。
公共広告機構 AC の 2010年度 全国キャンペーン

もう見飽きた聞き飽きたかもしれませんが、

「こころ」はだれにも見えないけれど
「こころづかい」は見える
「思い」は見えないけれど
「思いやり」はだれにでも見える


・・・つかう、やる、で動詞化というか、実践することになりますね。行動しましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード