FC2ブログ

関東大震災 自治体の迅速な支援

ようこそ!大阪歴史博物館へ

常設展示更新のお知らせ;関東大震災と大阪  フロア;7階 / コーナー;近代都市の建設
 
平成23年5月11日(水)~ 9月19日(月・祝)予定

リンクより
 大阪市は、大正12年(1923)9月1日に関東大震災が起こると、翌日に有田邦敬(ありたくにたか) 助役をはじめとする市吏員10名を大阪商船シカゴ丸にて派遣しました。この資料は、派遣された吏員自らが記した活動日誌です。出発当日は、朝鮮人暴動のデマや戒厳令施行など、わずかな「情報」しか入手できなかったことなどがリアルに記されています。日誌2頁目には、「 不逞鮮人(ふていせんじん)ノ跋扈(ばっこ)」、「無電輻輳(ふくそう)」などの文字がみられます。

 大阪市は、9月4日に臨時救援部を設置し、その部長に後に市長となる関一(せきはじめ)助役を任命します。すでに被災地に派遣されている有田邦敬助役は、関東課課長に就きました。また、救護課を社会部(部長天野時三郎)に、輸送課を港湾部(部長直木倫太郎)に、それぞれ分担させます。社会部は、市営住宅、職業紹介所、共同宿泊所など当時としては先進的な社会事業施設を担当していた部署でした。これらの施設は被災者を優先的に受け入れていきました。

見どころ
 この3月に起きた東日本大震災の後、被災地とならなかった地域や自治体は、支援活動を展開しながら、何が被災者にとって必要な活動かを模索しています。先の阪神淡路大震災で被災した自治体の活躍が報じられたりもしています。過去の災害における支援活動の実態やその問題点などを検証することも必要ではないかと思います。このコーナーでは、大正12年(1923)の関東大震災時における大阪市と大阪府の活動を振り返りたいと思います。



関空からフライト予定があるので、立ち寄ってみます。特別展こそ裏の目的であることは内緒である。

大阪歴史博物館 特別展 「幕末・明治の超絶技巧 世界を驚嘆させた金属工芸-清水三年坂美術館コレクションを中心に」を開催します 平成23年4月13日(水)~5月29日(日)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード