FC2ブログ

浜松 消防発祥の地

鴨江別館
 耐震・補修が済んだ浜松市鴨江別館です。写真建物の左側に昨年、移転新築された浜松市 中消防鴨江出張所がありましたが、こちらは解体されています。「浜松消防発祥之地」の碑が建立されていますので、ご紹介。

鴨江発祥

裏面の碑文

『この地は、昭和二十三年三月の消防組織法の施工に伴い 昭和二十四年十月一日、
 市民の生命、身体、財産を守るため、自治体消防として浜松消防本部が 発足し、
 近代浜松消防が歩み始めた所である。これまでの消防の栄光ある歴史と伝統を受け継ぎ、
 「安全で安心して暮らせるまちづくり」をここに誓い、建立する

                        平成二十三年三月
                        浜松市長 鈴木康友  』


かつて鴨江の旧警察署に望楼があった時分の写真はこちらの記事に。火の見櫓 消え行くのみか16bundan.gif

先日リンクさせていただいた火の見会様のギャラリーページから、これも同時期に撤去されてしまった16分団の火の見櫓


さて、布橋にある浜松市消防団浜松第三分団です。
第三分団

こちらも火の見櫓はすでに撤去されていますが、半鐘を大切にされています。
第三半鐘 真下から。

掲示板もムードがあります。
第三掲示板

地域の方の要望が無いと、なかなか残せない。ニーズや老朽化の問題もあり、どこまでお金をかけられるものか。
先日紹介した野口の第15分団の火の見櫓ですが、基礎部分の裏面に銘板があります。

15分団銘板

昭和25年11月竣工とありますが、当時の分団長以下、班長、団員に至るまで、全員の名前があります。並々ならぬ結束力を感じるとともに、時代的には戦後の復興期、昭和20年の焼け野原から火の見櫓の再建まで、ここまで掛かった(空想ですが)、そんな歴史的な決意なのではと。ちょっと地元に人に確認したいと思います。後世に伝えるべきは保存していきたいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード