FC2ブログ

風が吹けば桶屋は儲かるか

台風がらみでもう一点。
自宅周辺(浜松西区)で停電23:00復旧と書きましたが、その後 縦断した台風は神奈川でも停電を起こしたり、首都圏は通勤ラッシュにぶつかり帰宅難民が発生しました。その途上、静岡市の友人から送られてきたメールでは、氏の居住地域一帯の停電は今朝方まで尾を引いたようです。(宴席でのマナーを教えてくれた彼。消防団員でもあります)
以下、主文を抜粋。相変わらずやわらかい文章を書きます。優しい。


昨日駆け抜けていった台風15号の影響は皆様いかがでしょうか! 私どもの地域一体では停電が発生し、先ほど復旧したばかりです(><;)※注、台風の翌朝10:40頃のメールです。
私のお店はエクステリアがなぎ倒された&ハウス1棟が裸にされた&植木鉢の損壊 etc 無駄な出費に口惜しさが残ります(T-T)

消防団で近所をブラブラと巡回していたら、ご自宅の屋根がごっそり無いお宅、看板が突き刺さっているお宅などもあり、暴風雨の脅威に改めて驚かされました。

そんなこんなで静岡県内各所に猛威を振るった模様ですので、皆様の身を案じるしかない無力さにガックリしながらも、停電の中で菓子パンをたべてました。


被害にあわれた皆様にあっては、心よりお見舞い申し上げますm(_ _)m


以上。地元紙朝刊でも外壁が崩落した料亭の写真が生々しく掲載されていました。


さて、標題。「風が吹けば桶屋が儲かる」とは江戸の滑稽本とか落語の世界。インプットとアウトプットの落差を楽しむような。今回の爪痕は停電復旧やインフラ関連の公共事業は目の当たりにしましたが、復旧に伴い、植木屋さんや看板屋さん、リフォーム事業や工務店など建築需要もすぐに頭に浮かびますね。我々、消防設備や電気通信に携わっていても、消防設備の誤動作やTVアンテナが取れた曲がったの対応で停電や突風が発生した直後より引っ切り無しに対応しています。翌日の今日も強風の中、緊急対応として一定数の担当者が復旧に回っています。昨晩シャッター屋さんのサービス部門も立ち話している5分間に3回の緊急電話に出られていました。その中のどこかの現場に素っ飛んでいます。無償サービスにせざるを得ない部分もあるかも知れませんが、緊急駆付けの工数や実費は有償とさせていただきたい。と、こんな感じまでは目に浮かぶ復旧対応ということで「儲かるか」と考えて行動するような次元ではないですね。設備業者の当たり前だと思ってください。復旧ではなく、予防に対する付加価値営業の部分がアウトプットの落差に通じる面白さになるのだと思います。また、「風が吹けば~」のフレーズは実社会では、具体性の無い「夢みたいなこと言ってんじゃないよ」という企画などマイナスなイメージで使われる場合も多いですね。夢を持って楽しく設けたいのは山々ですが、地道に当たり前の対応をキチンとしていくことが大切なようで。

なんやかんやで当社もそうですが、今日は復旧手直しで忙しい会社が多いようです。下記のような報道もありますが、災害対応、景気対策問わず、民間が国を頼らず、あるいは足を引っ張られながらも、活気をもって善処するのが今年のトレンドという気がします。がんばるそ。

昨日、営業同行した幹部社員が車中で「祭日が多すぎる。休んでいる暇は無いのに。」今月決算ですが苦戦しています。「種もまかずにV字回復もないだろうと思う件について」という記事を引用したエントリを2年前の同時期にUPしています。期末の焦燥感を幹部と共有できている現状は(数字はともかく)とても頼もしく嬉しく思っています。本当に毎日!誰かと会って共通の利益「八方良し」の種を探しています。

【台風15号】官邸ひっそり、鈍い動き 関係省庁連絡会議開かず 産経 2011.9.22 08:31

※リンク切れの場合の記事全文

 台風15号の日本列島縦断を受け、政府は21日、土砂災害などへの警戒を呼びかけるとともに情報収集に追われた。とはいえ各省庁を機動的に運用するための関係省庁連絡会議は20日夜に初会合を開いたきり。21日は夜までに死者・行方不明者が計13人確認されたにもかかわらず「大きな被害が認められない」(内閣府)として連絡会議は開かれなかった。紀伊半島を襲った台風12号に続き、政府の危機管理意識の希薄さがまた浮き彫りになった。

 藤村修官房長官は21日の記者会見で、台風15号に関し、訪米中の野田佳彦首相から秘書官を通じて「関係省庁、自治体の連携を強化の上、対策に万全を期すように」と指示があったと説明。「官邸内の情報連絡室での情報収集とともに関係省庁や被災自治体が一体となって救助活動などの災害応急対策にあたっている」と強調した。

 ところが、具体的な対策は「政府としては引き続き現体制で注意深く対応したい」と述べただけ。連絡会議の開催についても「事態によって開かれることは否定しない」と言葉を濁した。

 21日夕には台風が首都圏を直撃し、JRをはじめ交通網がマヒ状態に陥ったが、首相官邸は関係閣僚らが出入りすることもなく閑散としたまま。甚大な被害が生じた場合、政府は災害対策基本法に基づき、連絡会議を非常災害対策本部に格上げすることになっているが、その動きもみられず、平野達男防災担当相は政府の震災復興対策本部に籠もったままだった。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード