FC2ブログ

どう読む? ≫ 100年企業とBCP策定の有無

中小企業のBCP策定6% 震災後も関心低く (12/13 09:10) 静岡新聞

拝借しました グラフも同紙より
     (ご担当者様、引用まずかったらご一報お願いします)

 県中小企業団体中央会が会員組合を対象に9〜10月に実施した「災害支援に関するアンケート調査」結果によると、震災後に事業を迅速に修復させる事業継続計画(BCP)を策定済みの組合は6・3%にとどまった。防災対策としてBCP構築が必要と回答した組合も3割程度と、東日本大震災発生後もBCPへの関心が依然低いことが分かった。
 アンケート調査は190組合が回答(回収率約20%)。東海地震を想定し、どのような防災対策を行っているか(複数回答)では、「組合員への防災意識等の普及啓発」が40・0%でトップ。「防災組織の構築」27・9%、「防災訓練の実施」24・2%で続いた。一方、「行っていない」が33・2%、「BCP構築」は6・3%と防災意識の低さを示す結果となった。
 また、今後どのような防災対策が必要か(複数回答)との問いには、「BCP構築」は31・1%にとどまり、11・6%が「検討していないとした。
 中央会はBCP普及啓発を2012年度の主要事業の一つに掲げ、本年度中に組合向けのBCP策定マニュアルをまとめる方針。同会指導部は「中小組合にとってBCP策定は震災に遭わないと成果が見えにくく、投資には慎重」とみている。会員組合や個別に説明会を実施し、専門家派遣などを通してBCP策定を推進する方針。

静岡新聞様の連載特集 企業減災 リスクに強い社会へ より
(7)BCP作成の現場 鍵握る経営者の意識  (2005/ 8/ 3 09:09)

神戸市で1月に開かれた国連防災世界会議。東京海上日動リスクコンサルティング(東京都千代田区)主席研究員の指田朝久さんは詰め掛けた約100人の企業防災担当者を前にBCP(事業継続計画)の展望を熱く語った。担当者のまなざしは真剣そのものだった。
                  ~中略~
 指田さんがBCPの支援業務を始めたのは米国でサンフランシスコ大地震が起きた16年前。壊滅的な被害にもかからず、BCPに従って素早く業務復旧を果たした米国の企業群を視察し、衝撃を受けて帰国した。これまでに国内数十社のBCP作成に携わった。講師としても全国を飛び回るBCPの第1人者だ。
 そんな指田さんは「BCPは防災マニュアルの延長ではない」と強調し、「経営者の意思決定なんです。社長室や経営戦略室が担当すべき話。現状では防災担当者から経営者に話を持っていくまでに高いハードルがある」と問題点を指摘する。
 耐震工事もままならない中小企業にとっては、BCPを作成する余裕がないという事情もある。指田さんも「現在作成しているのは大手企業がほとんど」と説明する。
 そんな中、NECグループのNECソフト(東京都江東区)はことし6月、中堅企業に的を絞ったBCP策定支援サービスへの参入を発表した。今後3年間で30ユーザーの獲得を目指す。
 「国がガイドラインづくりに乗り出したことで中堅企業のBCPも見込めるようになった」。広報室の井田隆雄室長が新規参入の背景を説明する。同社は業務システムの設計・構築から維持管理までを一括して手掛けてきた本業の技術力とノウハウの蓄積を生かし、廉価でのBCP作成を支援する。中小企業の需要を取り込みたい考えだ。
~以下略~


。。。そこで先日少し触れた
『昨12/8付け静岡新聞(WEB版未見)によると、来年2012に創業100年を迎える企業は全国で1960社。静岡県内88社は東京・大阪・愛知に次ぐ全国4位。(東京商工リサーチ調べ)』。。。



創業100年企業

2012年に創業100年を迎える企業は全国で1960社。
県内企業は88社で東京、大阪、名古屋に次ぐ全国4位(100年”以上”になると7位くらいだったか)

年商5億以上の企業は18社
7割の62社が従業員10人以下

全国ではシャープ、大正製薬、JTB,ヤンマーなど各業界を代表する大手も。

地元と一緒にという中小企業が多いようです。上掲記事のように「BCPの意識低い」と切り捨てるのも気が引けますが、2段目引用の『(7)BCP作成の現場 鍵握る経営者の意識 』に尽きると思います。イザという時、踏ん張るも諦めるも経営者の意思決定です。個人的には被災地同業者が事業撤退するかどうかの真に迫る悩みを聞き、踏ん張った話が記憶に新しいところ。まずは備えについて備蓄もあれば訓練や組織の準備もあるでしょう。が、やはり企業としての使命感と生き抜く意思なのでしょう。記事中シャープさん(おめでとうございます)について、シャープペンシルに代表される東京の文具メーカーから、関東大震災を受けて、時代はラジオだ、新天地関西だと、アクロバティックな存続も紹介しました。
(それでも出来る対策はしてくださいね)

前回、忘年会の記事の引用で恐縮ですが、各蔵元のホームページにリンクを付加します。酒造業は何百年企業がごろごろある老舗業界ですが、被災を受けて新酒を出荷するまでのご努力に頭が下がります。弊社は47期目、先輩企業に敬意を表し一杯やりながら記事を〆たいと思います。 

↓ ココより引用
以下、東北のお酒10種。辛口が多めだったのは好みです。

宮城県村田町 「乾坤一」特別純米辛口 醸造元 大沼酒造店
「今回の地震では本震で仕込蔵が入れない状態、4月6日に浜松に荷物を出してくれるも、4月7日多数の蔵元さんに被害をもたらした余震にて母屋も被害。4月28日浜松に荷物を出していただけまして、只今これをご案内中! 赤身が大好きの社長さんのこのお酒は赤身はマグロにカツオもバッチリ旨い!!」

宮城県石巻 「日高見」吟醸 醸造元 平孝酒造
「今回の地震では津波による被害。報道によりごらんになられた方も多かったことと思います。4月20日浜松に荷物出していただけまして、只今これをご案内中! 造りのポリシーが魚に合う酒というスーバーで買った刺身もリッチに最高楽しめる一本です!」

宮城県
塩竈市 浦霞 純米酒と辛口の2本 /大崎市 一ノ蔵「特別純米酒」超辛口 /黒川郡 鳳陽 特別純米山田錦

岩手県 ※月の輪さんはYoutubeより被災地岩手から「お花見」のお願い③【月の輪酒造店】
南部杜氏 月の輪 純米 /釜石 浜千鳥 純米

福島県二本松市 大七 生もと辛口

秋田県大仙市 刈穂 山廃純米 超辛口・・・大好物、自宅用にも一升、別のお祝いの使い物があり、
                        昨日もうっかり一升買い。都合2升のストックになってしまう。。。

以上引用終わり、
補足;東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に伴う蔵元情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード