FC2ブログ

気乗りしなかったり、そうでもなかったり。

 本日は午前中に役員会。それぞれ厳しいお話しをさせていただきました。市況と業況、当社業績予測も、引っ張られる部分もあり、独自色で詰められる対策あり。諸々のケースも環境は”あるもの”として、自分が変わらなければなりません。

 先日、異業種の同級生と街中でばったり。ご母堂より社業を引き継いだ案内があったばかりで、偶然ってあるのね。「調子はどうだい」という話しをしまして、ひとしきり苦労話を立ち話で伺いました。工場設備投資に特化している仕事柄、思い切って月曜定休に切り替えたそうで、就任早々に手を打ってますな。頑張れ。
 もう一人、これも古い友人と「電話口では何だね」とビス製造の同級生も誘い、3人で土曜に一杯やることになっていました。が、こちら風邪気味で大事をとりました。日曜にも一件、お客様がありましたが本日おかげで出勤可。悪かったね、またやりましょう。こちらも随分な切り盛りを聞いています。頑張れ。

 さて、それこそ当社の営業推進には関係ありませんが、社内環境の為の総務発注の業者さん。ご担当2名が独立して社長と常務がご挨拶に来社。役員会の後、午後から先程まで応対していました。通常は取引社から独立しても、取引先の”会社”との取引ですからお会いしませんが、静岡本社が規模縮小で浜松の出先を撤退されたとのこと。この件はかねて聞いていましたが、作業の伴う職種で客先にも迷惑が掛かっていたと、静岡からの片手間営業に陥った部分を心配し、浜松に根付いて頑張りたいとのこと。なるほど、当社も静岡出身の創業会長が前職の浜松営業所長だったところ前職の会社が傾き、顧客の後フォローの為に浜松に残って創業した、と。当社会長の場合は前職が無くなってしまって後が無い状況でしたが、彼等は福利厚生的な背景があるところから客先目線で”仕事”を見直し、勇気ある決断をしたなあと感心しました。

 当社も浜松の人に救われて今があるように、特に似たようなスタートだった彼らには「頑張って」と声をかけてあげるべき役回りなのかなと思いましたので。S部長、お会いするまでは気乗りしない様子だったけど会ってみたら そうでもない という理由はこんなところです。まあ、「どうしてもご挨拶に来たい」と押してくるぐらいだから(在職中も熱心だったし)、見所はあったんでしょう。ご本人たちも、「ご面談がかなう客先ばかりではないので云々」と恐縮してくれましたが、折角、地元のお客様のためにと創業されたので、軌道に乗って欲しいと思います。成功を祈ります。

・・・人様の応援をしている場合じゃないですが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード