FC2ブログ

浜松市建国記念の日奉祝式典にて

天皇陛下御製
 東日本大震災の被災者を見舞ひて
大いなるまがのいたみに耐へて生くる
    人の言葉に心打たるる


皇后陛下御歌
 手紙
「生きているといいねママお元気ですか」
   文に項傾きし(うなぶし)幼な児眠る
       祝典パンフレットより


hoshuku.gif

 2月11日建国記念の日の奉祝式典に参列してきました。

 開式の辞、国歌斉唱、拝礼を経て、主催者による式辞、ご来賓である浜松市長、同議長、地元選出国会議員の先生方による祝辞。粛々とスムーズな進行。今年は古事記編纂1300年などが話題。

 記念発表 浜松ライオネット児童合唱団による童謡や唱歌。ご高齢の参列者が目を閉じて調子をとっている様子まで含めて穏やかな雰囲気。途中、浜松市歌をご一緒にという場面がありましたが、新しい市歌はやはり馴染めず。♪大宮人の~という心積もりで、軽やかなポップス調の伴奏がはじまるとズッコケる。森鴎外作詞、本居長世(宣長先生6代目の子孫・童謡作曲家)の大正10年作。市制10周年記念の制定のもの。ああ、勿体無いと思っていたら、同じ感覚の人がいらっしゃったのでご紹介しておきます。


残念でならない、賀茂真淵の旧浜松市歌 2010年01月21日 下記のブログより↓↓

T-PRODUCE 鈴木建也の挑戦!
T-PRODUCE 地域プロデューサー鈴木建也の「浜松地域発展の”果実”の創造」への挑戦を、日々お伝えします!


まあ、さておき。
次は若者の意見表明。我が母校、県立浜名高校の一年生の女の子ですが、浜松ブルーリボンの会(拉致被害者の早期救出を求める団体)の活動を通して感じていることを発表されました。父親の勧めで活動に参加。何も知らない初めのころは正直イヤ(特に同世代の人に見られたり声をかけたり)だったが、署名活動に飛び入りで参加してくれたり励ましてくれる人がありがたかった。「何も役に立たないよ」とか心無い人もいて、最初に言われたときはその後も何もいえなくなった。今では「国や政治家が動かないから私たちが活動している」とはっきり言えるようになり、今では「私の役目」と自覚しているそうです。司会の女性も涙声で「ここに国会議員が大勢いるから大きな声でお願いしましょうね」、本当に泣いていました。会場からの拍手もひときわ大きく、鳴り止みませんでした。ちょっと胸が熱くなりました。

その後、奉祝歌「紀元節」斉唱、万歳三唱と続き、第一部完。一本筋が通った式典になったようです。

第二部 記念講演 は所用でおいとましましたが、会長も別口で参列、拝聴していたようで内容は教えていただきました。コチラも感動するよい話しであったととのこと。やはり女の子の話題になりました。父としての感想としては「本当にお前と同じ学校なのか」と耳の痛いところです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード