FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都駅ビルで大規模停電、31人閉じ込め

 我々は防災メンテナンス業務に従事する以上、営業中、稼働中の施設に支障を来たさないよう細心の注意で着手しています。ISO9001マニュアルにも、入工時のチェックシート、工事中の安全対策、完了退出時のチェックシートとして万全な体制を整え、いざという時の補償についても万全を期しています。ここに、実施上の緊張感を高める事例が発生しましたので紹介します。

京都駅ビルが一時全館停電 1時間で復旧、けが人なし共同通信3/25

 JR西日本によると、停電時は、電気設備工事のために非常用の電気回路の一部を遮断していた。その状態で非常ボタンが押され、排煙機が作動。火災などの非常事態が発生したと機械が誤って認識し、ブレーカーが作動したのが原因という

 
停電時の混乱と各所の冷静な対応、収束が伝わりやすいのはこの記事でしょうか。
百貨店5000人避難 京都駅ビル大停電産経関西3/26

 百貨店やホテルのエレベーターでは閉じ込めが相次ぎ、旅券発行システムはダウン、売り場のレジも操作できなくなった。25日、JR京都駅ビルで約1時間にわたって起きた大規模停電。薄暗いビル内では、警察官や消防隊員らが行き交うものものしい雰囲気に。観光客や買い物客らでにぎわう古都のターミナルは、予想外の事態に騒然となった。
 「火災ではないのでご安心ください」ジェイアール京都伊勢丹では、停電と同時に店内放送が流れた。従業員や警備員が、当時店内にいた約5000人の買い物客を避難させたが、約20人が一時エレベーター内に閉じ込められた。


 さすが、駅舎やホテル、トラブルシューティングはしっかりしていますね。もしもの為のシステム構築と、てきぱきと冷静な人的対応が良く伝わりました。

 人間が作業する以上、ミスはあるものとして想定、対策しなければいけませんベテランであるほど、またはマンネリ化した作業(ルーチン化)に陥ってしまえばどうしても事故やミスによる損害につながいかねません。
 

 ここでヒヤリハットの復習 ハインリッヒの法則です。

 1件 … 「重傷」以上の災害
 29件 … 「軽傷」を伴う災害
 300件 … 「ヒヤリ・ハット」した(危うく大惨事になる)傷害のない災害

・ ヒヤリハットの陰に幾千件もの「不安全行動」と「不安全状態」が存在
・ うち予防可能であるものは「労働災害全体の98%を占める」こと
・ 「不安全行動は不安全状態の約9倍の頻度で出現している」こと

災害を防げば傷害はなくせる。
不安全行動と不安全状態をなくせば、災害も傷害もなくせる
(職場の環境面の安全点検整備、特に、労働者の適正な採用、研修、監督、それらの経営者の責任をも言及)。

 以上、安全教育についてKY活動(危険予知)等で、耳タコだと思うかもしれません。作業ミス、手順ミスによる損害も同じこと。日頃の指差確認と客先へのヒアリング、失敗したときには原因究明の姿勢、チームとしての再発防止の取組み、PDCAのサイクルをまわすということ。失敗と教訓とを共有する組織のムード作りが大切だと思います。大変参考になる事例でした。

テーマ : 組織の人材育成
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。