FC2ブログ

御礼と活動報告 

このたび急なお願いがきまして、↓↓↓


浜松○○メンバーの皆様

静岡ブロック災害対策復興支援委員会に出向しております。INGKTSAKです。お世話になります。このたび当委員会では、「被災地に本を贈るプロジェクト」と題しまして、被災地の幼稚園、小学校に本を贈ることとなりました。
そこで、皆様方にお願いがございます。

被災地の子供たちが元気になる本を譲って頂けませんでしょうか。

自宅に眠っている、絵本や児童書。マンガ本でも構いません。子供たちが元気になる本なら何でも結構です。
もし、本がございましたら、3月1日(木)までに会員ルームまで持ってきてください。本を入れる箱を用意してございますので、その中に入れておいて下さい。期間が短く、お手数かけますが、被災地の子供たちの笑顔の為にご協力よろしくお願いいたします。
、、、「期間が短く」ってありますよね。28日の晩(21:30)に会議で「こんなことがあるから、案内を流すよ」と話題があり、翌29日朝、会員メールが駆け巡りました。で、3月1日までにって、人使いが荒い団体だこと。と冗談はさておき。

浜松本社の皆さん、こんな事情で緊急アナウンスをさせていただきましたが、85冊のご厚意を快く供出していただきました。厚く御礼申し上げます。寄せていただいた皆さんはもとより、ご理解いただいたご家族(特に持ち主であったところのご子息)にもくれぐれも宜しくお伝え下さい。思い出の一冊もあったことと思いますが、被災地の子ども達には、皆さまとの「絆」を含めた忘れられない一冊となることと信じています。本日”静岡県分”として取り纏め、明日現地へ発送という手配になっているようです。
「本社事業部の皆さん、大変急ぎのお願いで済みません。下記の通り急なお願いが届きました。
今回は日がなくて社内も本社の人間にお願いするしかないと思います。同様の機会がまた企画されるようなら支店営業所、協力会、メーカーさんにも声掛けしたいと思います。何しろ明日中のことが今朝配信されるような混乱振りですが、ダンボールでも用意していただいてご子息のお下がりでもあれば持ってきていただくように周知して貰えませんか。」
こんな挨拶文を部門長へと、総務部門から皆さまへの声掛けでした。

筆者としては子供向けの書籍は持ち合わせていないのですが、3月後半、浜松市と連携している大船渡にいってきます(MROKさんに確認です、大船渡は船名じゃなく地名)。市の協力団体として音楽の団体や春華堂さんほか20団体くらいかな、バス6台チャーターで、筆者の加盟団体しては50名程度の参加。被災地の子どもにウナギのつかみ取りなど提供してきます。ちなみに私は組織内の復興支援委員会として企画運営に(あーでもない、こーでもないと)携わっています。我々の委員会(担当者任せにしてすみません)が被災地側から聞いてきたニーズは、瓦礫撤去の作業や物資ではなく、今回のような児童書や元気になるイベントだそうです。あわせてやっと営業を再開したホテルや居酒屋でお金を現地に落とすこと。伺う際にはお話しを聞かせてください。現地側代表とは被災地でも浜松でもなく、この正月に京都でご挨拶しています。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード