FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんてつ マンガではじめて泣いた

大船渡復興支援イベントに向かう車中、浜松~仙台の新幹線内で読みました。

さんてつ: 日本鉄道旅行地図帳 三陸鉄道 大震災の記録 (バンチコミックス)さんてつ: 日本鉄道旅行地図帳 三陸鉄道 大震災の記録 (バンチコミックス)
(2012/03/09)
吉本 浩二

商品詳細を見る

内容紹介
3.11、路線の多くを被災した三陸鉄道、通称「さんてつ」。大地震や津波の被害から、前を向いて立ちむかう鉄道マンたちの姿を、「このマンガがすごい!2012」No1の吉本浩二が描く!! 3.11のあの日、岩手県沿岸部を走る三陸鉄道では、路線の多くを被災した。大地震、津波の爪痕が生々しいガレキの中、それでも、さんてつマンたちは、自らの力で立ち上がろうとする…。三陸鉄道関係者、周辺の人々への綿密な取材を元に再構成する震災ドキュメンタリー漫画。「ブラックジャック創作秘話」の異才、吉本浩二が描く真実の人間ドラマの決定版!!


泣きました。現場主義の社長による被災5日後の運転再開。3月中は無料運転という経営判断。使命感。再開予定の無い駅を周辺住民が清掃。トンネル内閉じ込めや数分違いで乗客ごと落橋した線路と共に被災したであろう運転士の判断力。丁寧なインタビューや取材と”書き込める”のに朴訥な絵柄。

仙台からスタッドレスのレンタカーで三陸道~45号線とは前回記事で報告しましたが、通りがかりの多分JR大船渡線の様子。
さんてつさんてつ隧道
上掲より南の別のトンネル。目の前の海岸は↓↓↓

さんてつ参考




作中でも女性スタッフなどの努力が描写されましたが、手作りの広報紙の掲示。イベント会場、リアスホールにて。被災者を慰め、必死に踏ん張ったのもまた被災者であると、認識を新たにする一冊でした。
さんてつ広報

大船渡市民とのふれあいがなかなか出てきませんが、もうしばらくお待ち下さい。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【さんてつ マンガではじめて泣いた】

大船渡復興支援イベントに向かう車中、浜松~仙台の新幹線内で読みました。さんてつ: 日本鉄道旅行地図帳 三陸鉄道 大震災の記録 (バンチコミックス)(2012/03/09)吉本 浩二商品詳細を見る内容紹介3.11、路線の多くを被災した三陸鉄道、通称「さんてつ」。大地震や津波の被...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。