FC2ブログ

こうして民話になっていくんだねえ

meijiTAIKA.gif 静岡新聞 H24.03.30


「明治14年の大火で犠牲、奉公の少女を供養 天竜区」という記事から。民話の形成過程を見ているようでシミジミ温かい気持ちになりまして。

旅館の名称や奉公の犠牲者の名前が明確になっていることは勿論、「亡くなったのは旅館『鍋屋』へ奉公に出ていた大場やよさん。住民によると、就寝中に火災に遭遇した。」と、いま見てきたような取材も面白い。「一説では」と、夜警中に暖を取る火に大場さんの顔が現れたのが法要の始まり。位牌が50年後にできて80年以上続く。やめようかという度に”ぼや”が起こるなど、江戸期以前ならば仏教説話になっていたかも知れませんね。明治や敗戦でガラッと現代人に変わったような気がするかもしれませんが、社会構造は”だんだん徐々”に移ってきて、しかしどこかで繋がっているのかなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード