FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐え忍ぶ社員像 求職中の若者に期待してます

「耐え忍ぶ社員」? 住友生命が新入社員の意識調査産経ニュース2009.3.30 17:50
 耐え忍ぶ新入社員の姿が鮮明に-。住友生命保険は30日、今春入社する社員の意識調査の結果を発表した。バブル絶頂の平成元年入社組と比べ、ビジネス社会を生き抜くために必要なものとして「忍耐力」「根性」を挙げた人の割合が2~3倍に上った一方、「国際感覚」は5分の1に激減した。 
※抜粋です。記事全文はクリックしてください。

 調査の全容は住友生命さんのHPより確認することができます。
スミセイ新入社員・仕事と家庭に関する意識調査(PDF)

 面白い調査ですね。毎年、入社シーズンには今年の新人は?という分析がありますが、歌は世につれ世は歌につれという歌謡ショーの名調子のようなもので、新社会人の気分も良く世相を反映していると思います。戦前派、戦中派、焼け跡派、集団就職の金の卵などイロイロな世代のモノの見方があると思います。バブル崩壊後に社会人となった筆者の世代も多数の就職浪人や大学院への進学、フリーターを出しながらも、会社に必要とされる人材になるにはどうすべきか、(今にして振り返れば)真剣に考えていたように感じます。たまたま修行したメーカーの教育や同期生のレベルが高かったのかもしれません。
 何しろ仕事を覚えること、社会に慣れることに必死で、正直、あんまり難しいことは考えていませんでした。デフレスパイラルに入りかけの頃のこと、受注量は減り始め、価格競争に突入した時分で、流通革命なんて言葉も話題になりました。とにかく忙しかったです。95年当時の時代の空気については拙稿阪神淡路大震災のとき、あなたは?でも触れています。

 
    バブル全盛時代の新社会人との比較
   ○上がったもの ↑ 『忍耐力』『根性』
   ○変わらないもの → 『行動力・実行力』『責任感』
   ○下がったもの ↓ 『体力』『国際感覚』

 
 企業側からの見方では、不景気な時ほど有能な人材が確保できるタイミングです。但し、経営にゆとりがあれば、募集を掛けられない業容ならば恩恵にはあずかれません。好景気ならば大企業に青田のうちに刈り取られてしまう。人手不足でも募集しているローカルの中小企業には中々、新卒で門を叩いてくれる強者は現れません。

 ここでサジェスチョン:中小零細は出世が早い

 仕事を任されるのが早い、仕事を創り出せる、采配を振るう等、責任と権限ががやりがいに繋がること請け合いです。地元のハローワーク(今はずっと満員状態みたいですね。)でもローカルの中小企業は穴ではあると思います。企業の安定性などの調査力、上の調査の通り、若さの行動力・実行力で体当たりでチャレンジして見てください。健闘を祈ります。

 今年は内定取り消し騒ぎなど未解決のファクターもあり定職にしがみ付く、というと表現が悪いかもしれませんが、正規雇用を確保することが重要なのだと思います。新入社員どころか、又聞きで恐縮ですが、週休四日の稼働率になってしまった中小工場で若い人は家のローンや子育てで大変でしょう、老兵は去ります。と50代のベテランが身を引き、経営者が泣いたという話も聞いています。
 5月危機という言葉は浸透してきているでしょうか。ご他聞に漏れず自動車産業に牽引されている中部地方も明るい材料が無い、モーレツな冷え込みという予測が一つ。政府の景気対策の実効性をどこまで期待できるか予断は許しませんが追加の成立も見定めたいところ。環境分野の新産業や給付金、有料道路1000円乗り放題など、お金が回る対策を打っています。こうした中、自動車産業もハイブリッド戦争などによりぼちぼち設備投資が出てくると準備している企業もたくさんあります。

 バブル崩壊世代の話をしました。大きなコスト削減の必要からリストラも大変でしたが、教育予算もカットされやすい分野であり、今になっての中間層の不在に悩み、今回こそ雇用を守り、人材育成に投資する企業が増えています。当社もリストラはせずに済みましたが、人材育成については現在、社内研修やセミナー・講習への派遣、評価制度の見直しなど「人づくり」に腐心しています。

 さて、色々と書いてきました。内定がフイになった人も含め新卒の人、幹部候補を若干名募集します。といっても、ブログに書いても反響が分かりませんので、詳細は非公開コメント欄からでも問合せてください。試験中のブログなので、会社のHPとは現在リンクさせていません。当社の社会貢献への考え方、事業へのアプローチは本ブログのカテゴリのうち、仕事・教養・防災・環境のあたりを参考にしてください。また、あくまで若干名なので反響がありすぎた場合はすべて対応しきれないことも断っておきます。

 ともあれ、就職氷河期の気持ちは良く理解しています。前向きに明るく頑張る、求職者もベテラン社員も、もちろん経営者も基本は変わりません。応援しています。

テーマ : 組織の人材育成
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。