FC2ブログ

本日ISO9001サーベランス

レーザー核融合、連続反応に成功 光産業創成大学院大など  (2012/4/ 5 08:55)静岡新聞

 光産業創成大学院大(浜松市西区)は4日、浜松ホトニクスやトヨタ自動車などとの共同研究で、レーザー核融合反応を「爆縮高速点火」による手法で100回連続して起こすことに成功したと発表した。同手法での連続反応は世界初。効率良く大きな熱エネルギーを生み出す手法での達成に、同大学院大の北川米喜教授は「レーザー核融合発電の実現に向けた第一歩を踏み出せた」としている。
 レーザー核融合発電は、海水に含まれる重水素と三重水素を混合した燃料にレーザーを照射して核融合燃焼を起こし、そのエネルギーを発電に利用する理論。CO2を排出せず、原子力発電に比べ放射性廃棄物も極めて少ないため、次世代技術として注目されている。
 爆縮高速点火は、レーザーで燃料を一度圧縮してから、点火する手法で、共同研究では、レーザーの連続照射装置を開発。燃料の2対の重水素の薄膜を回転させ、2方向から照射することで、核融合反応を毎秒1回のペースで連続的に起こすことができたという。今後は実用化に向けて、レーザー装置の高出力化などに取り組む。 今回の成果は9日、米国物理学専門誌「フィジカル・レビュー・レターズ」電子版に掲載される。
核融合という言葉や「爆縮」など、聞いた感じはおっかないかもしれませんが、暴走しない次世代エネルギー。昨年、土岐の核融合科学研究所を視察しておいてよかった。

再掲
さておき、核融合というと原子力発電と紛らわしいかもしれませんが、核分裂は制御が難しい。震災後の浜岡や九電を含むドタバタで理解が深まったと思います。核融合はエネルギーの維持が大変で、逆にすぐに止まってしまう。常用エネルギーとするための実験施設がココ。

・・・名古屋の大学、岐阜の研究機関誘致を見に行って東海圏はスゴイと思っていましたが、ココに来て浜松勢の気勢が上がり嬉しくなりました。浜松ホトニクスさん、テレビのブラウン管の「イ」の字の偉業からカミオカンデまで光技術の裏側にという感じでニュースにでるたびに「やっぱりなあ」と感心してしまいますね。
イの字
浜松ホトニクスの歩み-会社情報 より

実は本日、弊社ISO9001のサーベランスを受験しますが、審査の先生より「防災の会社なので参考に」と下記を。
組織運営、検証内容など、ハードルが高い内容で分厚い一冊。ローカル中小の当社には示唆に富むことと思います。

福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書
(2012/03/12)
福島原発事故独立検証委員会

商品詳細を見る


当社がISOの認証を受けて今年で10年。キリのよい数字です。問題が発生しないという前提の規定などが無いか、審査用の書式運営など実務に沿っているか、今年はどのようなご指摘を受けるか(あるいは場慣れしてうまく逃げを打ったか)など、総点検して手を入れる必要を感じます。そういった日にたまたま上記の新エネルギーのニュースと旧来のエネルギー政策の検証報告が同時に飛び込んできましたので。且つ、地元に誇る企業群が集積する地域の安心安全に寄与することが当社の使命です。ホトニクス様や光産業創成大学様の益々のご活躍を祈念して地域産業の事業継続(BCP)の裏側には当社の技術者が居ると、胸をはれるような企業を目指したいと思います。

業務改善委員会の皆さん、今現在は受験中で大変なところだと思います。本記事を読んでいるころは振り返りの打ち合わせも終わっているころだと思います。社長は一足先にインタビューを受け出張していますので、本文を本来の訓示代わりとさせていただきます。準備段階よりお疲れ様でした。
関連;昨年の更新審査

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード