FC2ブログ

規模は小さいが良い仕事なんです。

TSG1.gif 元城東照宮 ※浜松市

国の重要文化財指定「東照宮本殿」所有神社が破産帝国データバンク 4月19日(木)11時41分配信

 東照宮(TDB企業コード144006117、基本財産の総額900万円、青森県弘前市大字笹森町38、代表役員工藤均氏)は、3月30日に青森地裁弘前支部へ自己破産を申請していたが、4月6日に同地裁より破産手続き開始決定を受けた。
          ~ 中略 ~
 当神社は、1617年(元和3年)に創建され、1624年(寛永元年)に現所へ移転、1953年(昭和28年)3月に法人改組された。1953年には国重要文化財(重文)に指定されていた。
 しかし、90年代に隣接地で運営していた結婚式場への過大投資などで経営難に陥り、その後、債権者による神社資産への抵当権設定、拝殿や社務所の競売などが宗教法人法違反の可能性があるとして訴訟問題となっていた。抵当権の有効性を巡る訴訟で東照宮側が敗訴した2007年以降は、一切の宗教活動を停止し、休眠状態となっていた。その後も債務整理に進展はみられず、今回の措置となった。
 負債は約1億2700万円。
・・・残念なニュース。。。現物を拝観したことはありませんが、着色部分を見るにこのようなケースは全国的にもまだ隠れているかもしれないと、想像するにあまりありますな。表現がまだるっこしくてすみません。

静岡市の久能山東照宮は先だっての国宝指定このかた大賑わいだそうで、創建当初からの配列を含め見事な建築は国宝指定特設ページをご参照下さい。
 さて、上掲は浜松城公園から大通りを挟んでひっそりと元城東照宮。以下サムネイルはクリック拡大。
TSG4.gif TSG2.gif TSG3.gif TSGmanh.gif

左から全景、外壁の装飾”鏝絵”こてえ)”、軒下に自主防災隊のリヤカー、鳥居の外のには消火栓(用水)。

その由緒は。
TSGyuishi.gif
維新後も権利者の変遷があり、戦火で消失も、拝殿・手水舎・社務所を昭和34年に再建。

TSGsham.gif 社務所の荒波

手水舎からは再びクリック拡大で。
TSGcat.gif TSGdgdg.gif TSGdg.gif
左より、東照宮といえば眠り猫、同じく欄間の龍と天井にも飛龍、そして鎌首をもたげた首から吐かれる手水。すべて左官仕事。



左官仕事、鏝(こて)絵といえばこれも静岡県は松崎町の人、伊豆の長八(1815~1889)が漆喰を鏝でこねて立体造形し、芸術に高めた技法。

・・・火災で失われてきた神仏は多いですが、それこそ戦災で失われたという昭和20年頃の消失は、本当に。そんな中で国宝・重文指定の文化財を守り続けてきた先達の知恵と努力は次代に確実に受け継がれなければならないと思います。地域の共有財産として大切に守るために登録文化財の制度ができたと、伊東忠太の勉強会のレポートで。再掲(抜粋)。

◇ 登録有形文化財登録基準  平成 8年 8月 30日 文部省告示第152号
                改正 平成 17年 3月 28日 文部科学省告示第44号

 建築物、土木構造物及びその他の工作物(重要文化財及び文化財保護法第182条第2項に規定する指定を地方公共団体が行っているものを除く。)のうち、原則として建設後50年を経過し、かつ、次の各号の一に該当するもの
(1) 国土の歴史的景観に寄与しているもの
(2) 造形の規範となっているもの
(3) 再現することが容易でないもの

由緒にある通り、建立場所は旧曳馬城跡。それを示す石柱は浜松JC(青年会議所・昨年が創立60周年)の寄贈のようです。
TSGjc.gif

文化財登録には資格十分なようですね。耐震性を高めてきた近代建築の中で”神社”をRCにしてよいものかという議論を、関東大震災で損壊した神田明神をコンクリで再建し、以後「それも有り」と決定付けたのが伊東忠太だったかな。早くもうろ覚えですが。

以下、被災地の神社仏閣の状況についてのニュース2点。

生活優先…被災地の神社仏閣進まぬ再建 2011/12/11 13:03更新 産経新聞
 東日本大震災の被災地で、神社・仏閣など宗教施設の再建がさまざまな困難に直面している。生活の再建を優先せざるをえないことに加え、政教分離の建前から公的な支援が得られないためだ。地域のコミュニティーの核となってきた宗教施設も多く、公的支援の必要性を訴える声も出ている。
 「形だけだが、ようやくここまできた」。宮城県気仙沼市の地福寺。片山秀光住職(71)は、そう話す。350年の歴史を持つ寺は、津波で屋根と柱を残すだけになった。夏から修理を始め、人が集まれる程度にまでなった。
 「『遺骨を預かってほしい』といった声もあり、本堂の応急処置を決めた」と片山住職。350軒ある檀(だん)家(か)からは、150人の犠牲が出た。仮復旧した本堂内には、遺骨や遺影が花に囲まれ並んでいる。応急処置とはいえ困難を極めた。最大の課題は費用。檀家に負担は求められない。行政が配分する被災家屋対象の義援金も、宗教施設は対象外だ。
 建物などが国や自治体の文化財に指定されていれば、修復にあたって公的な支援が得られるが、実際に指定を受けている所は限られている。 地福寺では、地震保険と全国の寺院からの支援を充てた。だが「もし被災前の姿に戻そうとすると、億単位の費用が必要になる」(片山住職)という。住職らが暮らす部分の復旧は手つかずのままだ。

六角堂など6件抹消へ 被災の登録有形文化財配信元:
2011/11/21 12:37更新 同上
 文化審議会は、東日本大震災の津波にのまれ消失した「茨城大学五浦美術文化研究所六角堂」(茨城県北茨城市)など登録有形文化財の建物6件の登録を抹消するよう中川正春文部科学相に答申した。近く答申通り告示される。大震災で被災した登録有形文化財の登録抹消は初めて。
 六角堂は仏堂と茶室を融合させた9平方メートルの六角形の建物で、明治時代に近代美術を指導した岡倉天心が設計、明治38年に完成した。海に突き出た岩場に立っていたが、津波で消失した。
 また米国人建築家ヴォーリズが設計した「日本基督教団福島教会会堂」(福島市)は、地震の揺れで大破したため既に解体。このほか「酔仙酒造」(岩手県陸前高田市)の本社事務所と倉庫、守衛所、「旧北上町役場」(宮城県石巻市)の4件も津波で大きな被害を受けたとして登録抹消となる。諮問、答申はいずれも18日付。
同じく浜松の登録有形文化財・天竜浜名湖鉄道の転車台は昨年の台風上陸で扇形車庫の屋根が破損、修復に苦労されているように聞きましたが、復旧は済んだでしょうか。ぶらりと覗きにいってみようか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード