FC2ブログ

全然、他人事ではないですがね。

建通新聞 静岡 2012.05.11の記事です。

一面の下部1/4枠を使った大きな意見広告広告です。
左官 枠が大きいので、全体はクリックして読んでください。

設計事務所・元請・施工会社 各位
「左官屋は必要ですか?」 静岡県左官工事組合
大意;
 宛名の方々に単刀直入におたずねします。左官工事が不要だと思われればそれで結構。左官工事が必要だと感じる諸氏に訴えます。現状は左官業として成り立たないほど困窮。よって左官工を養成する体力・気力が衰えている。この先5年後くらいの業界衰退の有り様が推測される。職人と称する業界全般に言われている。

 元請さんたちの安請受注等の結果、下へ下へと因果を転嫁され、労務費中心の業種では職人への経済的な向上、労働環境の整備等、本来当然やらねばならないことが出来ない(法令順守も)。実情は進歩発展等は皆無。したがって入職者が年々減り、定着せず、労働条件も悪い。せめて人並みな賃金体系にしてやりたいが、これも無理。

 今の建設業は末端の職人達の”ギセイ”の上に成り立っている。負の負担を押し付け、がまを強いる不合理。可哀相です。

 しかし「それでよいのでしょうか!」

 品質、安全、工程管理がシッカリ出来る数値で発注をいただき、安心安全な作品を作るためための労務体制を構築して、社会に貢献したい。利潤を得ている元請さんたちが、応分の受益者負担をし、育ててくれなければなりません。

 どうぞ賢者の方々にご理解とご尽力をお願いいたします。
・・・他人事ではありませんので身につまされるというか、察するにあまりあります。。。もっといえば、民間取引ならばまだしも、公共発注の入札に対して安かろう悪かろうの競争原理が働きすぎています。民間の手本となるべき「よい仕事」を求められていないと感じるほど。

 これではマズイとはじまった総合評価入札ですが、同紙5/14では価格では2位以下だった業者が施工力や技術提案力、実績等を加味して逆転落札が大幅増!と見出しが躍っています。シビアな競争の中ですから下請け孫受けに余禄が回ることは無く、かかるものは掛かります、という次元のおはなし。それでも何とか発注単価が上がってくるきっかけになるかと期待しています。が、年度が明けてまたぞろ政府から待ったが掛かっていますね。競争原理が働かないし、評価が不透明だから、ですって。あーあ、またこりゃ死人が出るね、下請けの単価が上がる前に木阿弥。

また5/11の紙面に戻ると、めくって2面。

県が文化財建造物監理士 養成講座 受講者の募集開始

・・・本当に左官屋さん、不要ですか

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【全然、他人事ではないですがね。】

建通新聞 静岡 2012.05.11の記事です。一面の下部1/4枠を使った大きな意見広告広告です。 枠が大きいので、全体はクリックして読んでください。設計事務所・元請・施工会社 各位「

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード