FC2ブログ

ちょいと言い忘れ ≫ 人事考課

先日、人事考課のスケジュールと評価の考え方をUPしましたね。
ぼちぼち人事考課ですがね。 2012-05-25

昨日今日で予定通り全社分のヒアリングを3奉行相手に。個々人の成長度合いや”育成方針”の確認から部門全体の方向性まで。あとは調整会議で評価が決定します。以後、フィードバックが有ると思います。全体的には現状に満足せず、これこれの反省点は改めてと、スキルや資格についてのチャレンジなど自覚的・前向きな自己コメントが多かった考課期間だったようです。確かに厳しい季節だったね。

さて、前回記事での言い忘れというか、評価シート全体を見て、一定数、自己評価が高い人がいます。自信やプライドの高さとして理解しています。が、「オレはこんなに努力しているのに」「人の倍は頑張っているのでキチンと評価してください」という感情的なやり取りと、天狗の鼻をへし折ってやらないとという上長のムードを感じたり。

まずは上長に対して。天狗の鼻は”自信””積極性”など、彼の良い所と連動しているかもね。気持ちまで折れたら切ないので、「お前の良い所は。」と認めながら期待を掛けてくださいね。

で、自覚のある人よ。自分は頑張っているのだろうが、評価は”他人”がするもの。客先、上司、同僚。。。「あいつ頑張ってるなあ」と聴こえてくるものですよ。口下手で自己PRが苦手な人も客先から会社宛にお褒めの言葉があったり。

「人の2倍」頑張っているつもりでも他人の努力は見えないもの。ライバルも人知れず同じだけの努力をしていると思ったほうがよい。「他人の3倍やっている」くらいの感覚ではじめて「君は特別努力をしているようだ」と認められるくらいでしょう。実績や技能のやり残しの反省点は誰しも自覚しているようですが、あなたの苦手部分だけはクリアーしているという人もいるんだね。得手不得手の範疇かね。「オレが」「私が」頑張っていると思うことは”自分本位で行動している、「アイツもソイツも頑張ってるなあ」と認めることで、「自分はマダマダだなあ、それなら次は」というモチベーションにつながるのでしょう。

他人の努力を認めると、客先、同僚、協力業者の助力・応援が有って自分の業績があるのだと、感謝の気持ちが湧きませんか。これがね、”謙虚”という武器になるものだと思います。

・・・かえってガックリきちゃったかな。「他人の3倍がんばれ」はウチの爺様が親父殿に、親父殿は勿論おいらに。。。しつこく言われて嫌になったくらいの考え方だからね。某侍大将からは「社長は生き急いでるんじゃないですか?」と叱られました。最近。

まあ、この考えが染み付くとね。褒められても嬉しくないというかね。「オレはまだまだ」「今回はココで手を抜いてしまった」とか、出来ていないことが頭をぐるぐる回ってしまい、素直に受け止められなくなります。チキショー、褒めるんじゃない、とか。う~む。適度に自信があって、ほどほどに謙虚なくらいが丁度よいのかね。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ちょいと言い忘れ ≫ 人事考課】

先日、人事考課のスケジュールと評価の考え方をUPしましたね。ぼちぼち人事考課ですがね。 2012-05-25昨日今日で予定通り全社分のヒアリングを3奉行相手に。個々人の成長度合いや”育...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード