FC2ブログ

意外と古代もダイナミックな交易がありまして、予告編

古代ローマ製のガラス玉か? 京都・長岡京市の古墳出土品、成分一致 交易ルート解明に一石
2012.6.21 23:20 (1/2ページ)産経

古代ローマで作られたとされる重層ガラス玉=奈良文化財研究所提供
 京都府長岡京市の宇津久志(うつくし)1号墳(5世紀前半)の副葬品として出土していた重層ガラス玉が、1~4世紀の帝政ローマ時代に領内の黒海の周辺地域などで製造されたローマガラスと同成分だったことが判明し、奈良文化財研究所と長岡京市埋蔵文化財センターが21日、発表した。国内で出土した重層ガラス玉のうち、ローマガラスの成分が科学的に特定されたのは初めて。当時の交易ルートを解明する上で貴重な資料になりそうだ。
 奈文研の田村朋美研究員は「さまざまなガラスの分析結果と比較すれば、陸のシルクロードではなく、海路で伝わった可能性も出てくるかもしれない」と話している。
 調査したのは、一辺約7メートルの方墳である宇津久志1号墳で昭和63年に出土した重層ガラス玉3点(直径約5ミリ)。いずれも黄色っぽく、重層ガラスとしては国内最古級という。同センターから依頼を受けた奈文研が昨年度、蛍光X線調査で成分を分析した。

※以下略。写真と続きはリンク先でどうぞ。
※以下、フランスの通信会社さんから世界史の部分を補完。
古墳から帝政ローマ製のガラス玉、京都2012年06月25日 20:35 発信地:東京 AFP通信
前略; 共和政ローマの終焉と共に紀元前27年に始まった帝政ローマは、コンスタンティノープル(Constantinople)が陥落した1453年まで続き、その領土は地中海沿岸を中心に、北は現在の英国まで広がっていた。
 イタリアから約1万キロ離れた今回の日本における発見は、帝政ローマの影響力がどの程度東方まで及んでいたのかを調べる手がかりとなると同時に、これら装飾品が日本まで運ばれた経路の解明につながると田村研究員は述べている。(c)AFP


 ここのところファイル整理で過去の写真をダラダラ貼り付けたり、オオカミ民俗学熱が再燃したり、古代史についても太宰府で最古の戸籍発見を取り上げたり、商売に直結する記事が遠ざかっています。たまにはこういう時期もご容赦下さい。

もうすぐ全国安全週間になりますので、弊社安全大会に向けた記事も構想(なんとなく)を纏めなければと考えてはいますが、上記の記事も(趣味的には)あたたかい内にモノしたいと思いまして。

考古学の分野から古代”史”の分野、民俗学と興味が進んだ学生時代と、社会人になってからは昭和、大正、明治と遡っていった興味ですが、中世~戦国~江戸の話しも出来るようになり、なんとか自分の中で歴史が繋がってきたような気がするこの頃です。最近では”そのころ欧州では”とか、世界史を絡めることに興味が。別に役に立つことでもないですが、先日の日本の大陸棚、沖ノ鳥島が基点 国連大陸棚委が勧告要旨公表2012.6.7 (産経)とか、尖閣をめぐる中国の横暴に対する都知事の行動、シーレーン防衛って何?という、古代から連綿として海洋国家であった日本が理解できているかどうかで国家観が随分と変わってくると思います。現代のアメリカが人種のるつぼというようなところまでは学校で教えてくれたことですが、南洋からの黒潮やシベリアなど北方からの文化など、海流の終点だった日本は高度に成熟した混血文化であり、帰化人の登用と明治のお雇い外国人の類似性に気付いたり、適度に鎖国の時期があったり、外圧を利用して国内を調整したり。。。将来に向けて「今、こりゃあマズイだろう」という判断の基礎になったりしています。つまり現政権やマスコミの知見のn、、、いや、言うまい。ただ末法思想とか傾奇者とか元禄ミーハー文化とか色々な時期があって、建武中興とか日本の夜明けぜよとか立て直されてきましたね。日本建て直しの夜明けは近いと信じています。


丁度、ローマガラスの記事が出たのタイミングで読んでいた本↓↓
日本史の謎・石宝殿 (1978年) (ロッコウブックス)日本史の謎・石宝殿 (1978年) (ロッコウブックス)
(1978/10)
間壁 忠彦、間壁 葭子 他

商品詳細を見る


石の宝殿司馬江漢




石の宝殿シーボルト 石の宝殿実測

2010年1月に家内を無理やり連れて行った場所です。兵庫県生石(おうしこ)神社の「石の宝殿」。たまたま先週6/22に札幌ススキノの古本屋で購入して北の居酒屋で読み始めましたが、楽しいです。ホテルのベッド、帰路の機内、ずっと読んでいますが、そんなタイミングで古墳からローマ職人でしょう?この辺りを書きたいので、今回はその予告記事です。

石の宝殿尺度←楽しさの一例。古代のどの尺度で作られていたか実測値との換算表。クリック拡大願います。

ああ、ススキノの古本屋も楽しいオッサンなので、この辺の札幌事情も書きますね。
あと、お施主さん所有のホテルを起点に戦後教育の一端が分かった、サイパン慰霊紀行のリクエストも社外より頂戴しています。。。。本当に仕事の記事から遠ざかる。。。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【意外と古代もダイナミックな交易がありまして、予告編】

古代ローマ製のガラス玉か? 京都・長岡京市の古墳出土品、成分一致 交易ルート解明に一石2012.6.21 23:20 (1/2ページ)産経古代ローマで作られたとされる重層ガラス玉=奈良文化財研

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード