FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャモロ料理、、、日本の夏にも合うはず

「サイパンの話しを紹介してくださいよう」というリクエストは料理から。

彩帆献花1 代表者の献花に習って黙祷

彩帆献花2 各自でご焼香 バンザイクリフです。


 サイパンでは客先ホテルに滞在し、協力会の総会場として懇親会まで。日中はオプショナルツアーやゴルフ、ご家族でおくつろぎ下さいというメニュー。実は昨年から2年連続参加しています。旅程ですが、今年は3月15~18日、昨2011年は3月9~12日。実は、翌早朝の帰国予定で実質最終日の午後、ホテルに戻ると緊急放送で「3階以上に避難すること」と流れ、何事かとテレビをつけると津波の映像が何度も繰り返し放送されていました。NHKが砂嵐混じりの酷い放送でしたが内容の把握に、映像的にはBBCやCNNを適宜。
 避難放送は島中に流れていたようで、島民も山の上に避難したらしく、街中もガランとしたようです。ホテルもフロント以外、売店もクローズし、宿泊階は8階だったかな、上のほうだったので特段の不自由は有りませんでしたが、3階以下の客が各階のエレベーターホールに避難していたので、気持ちは落ち着きませんでした。最上階のレストランでビールを買い込んで、ずっとテレビ情報を見ていましたが、現実感が感じられず(阪神淡路のときも東京から同様の感覚)。
 翌早朝5:00にホテルを出るくらいのフライトで帰国予定でしたが、予定通り帰国できたのは名古屋国際と名古屋経由新千歳だけだった様子。成田、関空、博多は足止めだったようで、グアム経由など振り替えの手配が大変そうでしたが、皆さん快く見送ってくださいました。尚、主催者である客先ホテルチェーンも国内では東北にて被災状況の確認が取れず、相当な混乱だったようですが、我々総会参加者には心配掛けないようにと、気遣いは見習わなければと、後日伺った際に思いました。
 3月12日、帰国してその足で、下記イベントに参列という時系列に成ります。

可睡斎の護国塔100年展 伊東忠太 という案内記事をエントリしたまま、参加レポートを書いていませんでした。
開催日が3/12ということもあり、開催も危ぶまれましたが、折角 建築史家 倉片俊輔先生を講師に招くイベントであり、内容を建築耐震の歴史に変更して実施されました。尚、原田 袋井市長が来賓として挨拶をされていきましたが、未曾有の震災・津波の翌日であり、袋井市災害対策本部長の立場で作業着で臨戦態勢。市としては津波に対する避難勧告を出さなかったのですが、水位の安全性の確認とパニック回避などのギリギリの選択をされていたようです。もう一軒、市のイベントに顔を出し庁舎にとんぼ返りというタイトな日程だったようです。ご公務お疲れ様でした。

 前置きが長くなりましたが、料理です。ホテルの宴会料理などではなく、自由行動中の定食屋(夜は居酒屋)の金八レストランより。
彩帆金八R


彩帆チャモロ料理 シーフード・ケラゲン
海老、イカ、まぐろ、たこ、貝などのシーフードと、オニオン、ココナッツとテニアンホットペッパー(ローカル唐辛子)と混ぜ合わせ、たっぷりのレモン汁をかけたスパイシーな一品。サイパンでもっともポピュラーな家庭料理です。酒の肴にもご飯のおかずにもおススメできるチャモロ料理の一つです。

彩帆ヤシ酒
左からパパイヤの漬物、ヤシ酒(ヤシの幹からとれる自然発酵の飲み物)、それとマグロを何かで和えた一品。とても美味しかったが何ていう料理か失念。

彩帆コーラ コーラ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。