FC2ブログ

宇佐まとめ

宇佐別府道路を院内ICで降りて宇佐神宮へ。

宇佐火の見 宇佐市消防団第一分団1班 消防機庫の火の見

USAhinomi.gif 消防機庫から火の見に昇るハシゴ。車が突っ込んだような。直してあげて。。。。


八幡総本宮 宇佐神宮 全国八幡さんの総本宮であり、神仏習合の発祥地。南無八幡大菩薩ですな。大鳥居~宝物殿~放生池~下宮~若宮~上宮まで、お末社、能楽堂など広いこと。ありがたいことに参拝の間は傘いらずでしたが足元が悪いので宝物殿で少し勉強をしたら上宮へまっすぐ向かいました。仲見世で食事をしたらまた土砂降り。
宇佐警備犬 警戒犬 警備中

pyramid.gif 手水舎のあたり。皇族下馬の禁札がある石灯籠(ピラミッド型!)。明治34年。


usaBUNPUK-001.gif usaSIMPI-001.gif 偶々入った食堂”観光館文福”リーフレット

郷土料理、「とり天」と「だご汁」とに魅かれて入った店ですが、昭和50年代の邪馬台国ブームで町おこしの中心だった先進的な店主のお店だったようです。皆さん雨で資料館どまりだったそうですが、吉野ケ里遺跡とかが整備されるはるか以前のこと。「邪馬台国の秘密」高木彬光著S49が発表され、八幡=やはた・やわた=邪馬台国という転訛や、全国に1万とも2万ともいわれる八幡神社は稲荷社に次いで全国2位、八幡信仰に基づくとされるご祭神をお祭りする神社数でカウントすると最多になるといわれ、とか、面白いことがたくさん書いてありました。作中に出てくるお店と名物店主がここ。帰路の新幹線でリーフレットを読んで驚いた次第。もう少し居座って話しかければよかったかな。リーフレットは左の表紙から読み進めるとお店の案内。逆から見ると邪馬台国の歴史と観光案内。結構充実しています。

邪馬台国の秘密 新装版 高木彬光コレクション (光文社文庫)邪馬台国の秘密 新装版 高木彬光コレクション (光文社文庫)
(2006/10/12)
高木 彬光

商品詳細を見る


ところで、どちらの郷土の人にも怒られそうな感想ですが、「だご汁」と山梨の「ほうとう」は同じだぜ?
ONI.gif ONIkaidan.gif

院内インターからすぐそば。案内看板が出ている。

ここ、鬼のミイラは信仰の対象のため撮影禁止とありますが、宇佐市の観光ホームページにばっちり写真が出ていますね。こちらは大雨の中、家内を車中に待たせて石段を昇って行きました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード