FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大著が2冊割り込んでくる

 「この蔵書、全部読んでるの?」「いつ読んでるんだい?」「どんな本読んでるの?」と読書について筆者が質問されるときに集約される内容です。小説は殆ど読まなくなってきたので「どんな本?」が一番説明に困りますが(何しろ内容が偏っています)、たまたま好みの本が出版ラッシュというかドドっと来ているタイミングなので「困っています」という趣旨で一本。

 ここの所とくに民俗学や郷土史、古代史に偏っていましたが、今現在読み進めているところは、

昼休みとか社内で
プロジェクト・ジャパン メタボリズムは語る…プロジェクト・ジャパン メタボリズムは語る…
(2012/02/25)
レム コールハース、ハンス ウルリッヒ オブリスト 他

商品詳細を見る

内容紹介
ある時、ある国が戦争を始めたが、大陸を征服したと思いきや、内地の国土が二発の原子爆弾によって破壊された……戦勝国は敗戦国に民主主義を強要する。
だが、未来像を描く師に導かれた建築家・アーティスト・デザイナーの卵たちのグループにとって、国家の危機は重くのしかかるどころか、新しい都市像を掻き立てるものだった……
それぞれの性格はかなり違うものの、彼ら建築家たちは夢の実現に向けて力を合わせた。創造的なスーパー官僚と行動的な国家からの堅固な支援を受けて……
孵化から15年後、彼らは新しい建築で世界を驚かせた─メタボリズム─国土全体を根本的につくり直す提案である……やがて新聞、雑誌、テレビが、建築家たちをヒーローに仕立て上げる。知性派と行動派と。どちらにせよ完璧な現代人だ……
勤勉さと折り目正しさ、そしてあらゆる類いの創造性が一体となり、彼らの国・日本は、世界的にまばゆいばかりの範例となった……オイルショックが西欧の終焉の口火を切ったとき、日本の建築家たちは世界各地に活動の場を広げ、ポスト西欧の美学を確立しはじめる ※日本人に書いてほしかった日本現代建築と日本再生の道のりです。……


移動の車中や待ち時間に
路上観察 華の東海道五十三次 (文春文庫―ビジュアル版)路上観察 華の東海道五十三次 (文春文庫―ビジュアル版)
(1998/06)
赤瀬川 原平、南 伸坊 他

商品詳細を見る

出版社/著者からの内容紹介
あの路上観察学会が東海道の宿場町を完全踏破。各町で発見した珍無類の建物、銅像、不思議な看板、アブナイ貼紙などを一挙大公開!
内容(「BOOK」データベースより)
名所旧跡ばかりが東海道の魅力ではない。芥川賞作家、建築探偵、イラストライター、デザイナー、編集者の路上観察学会五人衆が、安藤広重生誕200年にあやかって旧東海道を踏破。貼紙・看板・建物など街角にひそむ珍にして妙なる物件613点を採集。
※筆者にとっての実用書です。

自宅リビングでは怪談や雑誌ばっかり

枕元の一冊
野史辞典―八切日本史字典野史辞典―八切日本史字典
(2003/05)
八切 止夫

商品詳細を見る

内容(「MARC」データベースより)
八切止夫が16年の歳月を費やした畢生のライフワーク。庶民の側の歴史=野史によって日本史の正史を覆す八切史観のエッセンスがつまった辞典。古代から近代まで厳選された1000項目を詳述。日本シェル出版80年刊の復刊。
※日本シェル出版80年版を古本で。文字通り”辞典”は辞典ですが、真に受けてはいけない歴史観とか解釈の用語解説を”あ行から。現在、は行まで来ました。想像してみてください。辞書の一項目ごとが全部(史的に明らかな誤りを含む)常識外の内容を淡々と堂々と言い切ります。頭がくらくらして寝るのに丁度よい感じなので遅々として進みません。一晩でせいぜい15項目、3~4ページで落ちます。

普段から同時進行で、それぞれの場所の次の2~3冊が控えているところに現在読んでいる続刊待ちの大著と、幕末~維新のテーマで最重要といってもよい(独断)評伝がこれも大著。

徳川慶喜と渋沢栄一―最後の将軍に仕えた最後の幕臣徳川慶喜と渋沢栄一―最後の将軍に仕えた最後の幕臣
(2012/05/24)
安藤 優一郎

商品詳細を見る

内容紹介
ご一新による明治日本の急速な近代化は「最後の将軍」が身を慎んだことにより成し遂げられたのではないか。日本資本主義の父は最後の将軍を死ぬまで支え続けた「最後の幕臣」。逆説に富むスリリングな幕末維新史。
内容(「BOOK」データベースより)
重大な危機から国をまもるには、時に権力を譲り渡し、沈黙する、という政治決断もある。日本の資本主義の父はなぜ、“生涯の主君”の伝記編纂に心血を注いだのか。
※静岡人としても経営者としても歴史好きとしても外せない、昼間の一冊に割り込み

泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部
(2012/07/25)
酒見 賢一

商品詳細を見る

内容説明
長坂坡の戦いで魏の曹操に大敗するも、辛くも関羽や張飛らとともに逃げのびた劉備玄徳。蜀軍と行動をともにした呉の魯粛は、同盟締結のために孔明を呉に連れ帰った。厭戦気運が高まっていた呉だったが、孔明の得意(特異?)な弁舌により厭戦派は抑えられ、呉は蜀とともに魏軍と決戦することに。やがて迎えた赤壁の戦いで、孔明は勝利の決め手となった東南の風を呼ぶことに成功する――。しかし勝利のかたわら、孔明の変態的ないかがわしさに殺意を抱いた呉の周喩はその身柄を拘束しようと図る。果たして孔明は無事脱出できるのか? かつてない孔明像を描いて人気のシリーズ第三弾は、『三国志』中最大の決戦「赤壁の戦い」を描きます!

※待望の第参部です。なお第壱部の紹介。これは本来なら枕元に割り込むセレクト。上記の睡眠導入剤がまだかかりそうだが、本書にも手を付けたいところ。重くてかさばるが旅行鞄に入るかな。リビングにしようかな。思案中。

内容(「BOOK」データベースより)
口喧嘩無敗。いざとなったら火計(放火)の策。神算鬼謀の大軍師か?自堕落、色欲三昧、ヤクザ以下の変奇郎か?諸葛孔明の虚像に迫る、酒見版『三国志』登場。「ほんとうの孔明は、こんな人じゃなかったと思う」(作者談)。
内容(「MARC」データベースより)
「軍神」諸葛孔明とは、奇怪な衣装で宇宙哲学を語るアブナイ男であり、あの手この手で臥竜伝説を作ろうと腐心するセコイ男だった…? とにかく無類に面白い、酒見版「諸葛孔明」登場! 『別冊文芸春秋』連載の単行本化。

なお、枕元で直近で読み終わった本。無類に面白かった。
サンカの末裔を訪ねて―面談サンカ学 僕が出会った最後のサンカ (サンカ学叢書)サンカの末裔を訪ねて―面談サンカ学 僕が出会った最後のサンカ (サンカ学叢書)
(2005/12)
利田 敏

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
河原や山中にセブリバを造り、一箇所に定住せず箕作りを生業とする漂泊の民「サンカ」。その末裔が今日も現存していた!!三角寛の『サンカ社会の研究』にも登場する、埼玉県の荒川支流で暮らしていた「松島兄妹」、静岡県の三島で穴居生活をしていた「最後の駿豆サンカ」他、豊富なインタビューから、次々と明らかになる「サンカ」の生活。時代を超えて人間の「生の本質」に迫る“目からウロコ”のフィールド報告。


出番待ち(リビング)表紙が気に入っている2冊。挿絵(図解)も面白い。
DEMACHI.gif
性格判断法 職業の選び方と人の取り扱ひ方 S12
人心看観破 骨相術自在 M36
特に左の表紙は家内が怖がって始められない。どちらも似たような。時代なりの偏見とかニヤリとするために持っています。

枕元の出待ちはこれも。
天狗の研究天狗の研究
(2004/08)
知切 光歳

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
かつて渋沢龍彦が「この人の本を読むに如くはない」と書いた知切光歳。彼が心血を注いで完成させた天狗研究の白眉、ついに復刊。
内容(「MARC」データベースより)
馴染み深いが学問的研究は少ない妖怪の典型・天狗について詳細に記述。様々な伝承、天狗観の歴史などを説いた天狗の総覧。1975年大陸書房刊の再刊。

。。。う~む。昼間はそれなりにビジネスに関わりそうなものを選んでるんですよ?とご理解いただけるだろうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。