FC2ブログ

大したことは話せなかったなぁ その1

HAMANAob.gif


何を話せばよいだろうか とういう記事をUPしてから母校に滑り込む。浜名高校「先輩と語る会」の講師として。

リンク先のPDF記事は
進路選択に先輩の言葉 という大見出し
恐れずに主張する あきらめる勇気も という小見出し
中日新聞さんですかね。上掲は静岡新聞さん。

以下、リンク先より
 今年創立100周年を迎えた私たちの母校浜名高校では、毎年「先輩と語る会」を開催しています。100周年の名門となった母校の在校生たちに私たち同窓生ができるひとつの学び授業です。
 11月22日に開催した会では同窓生から作家、会社社長、公務員、歯科医師などが参加、今後の針路の指針となるよう二年生のクラス9クラスで開催されました。私たち同窓生が脈々と続けてきた伝統と浜名高校の歴史を受け継ぐ在校生の活躍こそ私たちが願うこと、微力ながらも母校のためにと活動を続けています。


 2年生9クラス。多士済々という9人だそうで、そのほか企画運営の同窓会役員も含めて名刺を持ってすっ飛んでご挨拶するような名士の方々。そのなかの一人として、正直、オイラでよいのかい?という気持ちになりました。

27HRの皆さん。おじさんの話しはいかがでしたでしょうか。受講態度や、元気な休憩時間から、講師入室の挨拶での公私の切り替えなど、我々の世代(上掲歯科医師は同級生)より”真っ当な”振る舞いができているように思いました。自分に課したルールの話しや趣味の話し(マンホールは名古屋が良い)とか。好きな食べ物は流動食(酒)とか、質疑応答の流れで仕方なく。。。

担任の先生からもご挨拶を頂戴しました。私の教え子は元気でしょうかと。偶然でしょうが、当社若手社員の恩師だったようです。頑張りやさんの女性社員です。「ええ、とても頑張ってくれています。」とお答えしました。別途、同社員の部活の顧問だった先生ともご挨拶。後日、本人に伝えると「まだ気にかけてくれている」と嬉しそうでしたよ。なんやかやで50分の枠を35分のフリートークと15分の質疑応答で無事に終了することができました。皆さんの聞く姿勢と真っ直ぐな視線で、話しやすい環境を作ってくれたお蔭だと思います。ありがとう。進学希望にしろ就学希望にしろ、皆さんが素晴らしい社会人としてエントリーしてくることを心待ちにしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード