FC2ブログ

全校児童736人の「大正大震災記」 ≫ 取材受けました

「宇佐美村の奇跡」に学べ 児童体験記に関心、再版 2013/1/10 静岡新聞

 1923年(大正12年)の関東大震災で津波被害を受けた伊東市立宇佐美小(当時・宇佐美尋常高等小)児童の体験記を、同市の伊東図書館がこのほど再出版した。当時、同市宇佐美(旧宇佐美村)は、津波で全600戸のうち100戸以上の家屋が流出したが、死者・行方不明者は一人もいなかったとされる。2011年の東日本大震災後、「津波対策の手掛かりがある」と、体験記に関する問い合わせが同図書館に相次ぎ、1994年に出した本を急きょ再版した。

 ~~ 中略 全文はリンク先で ~~

日本地震学会は12年7月の広報紙で、児童の対応を「宇佐美村の奇跡」として紹介。その後、同図書館に問い合わせが相次いだ。
 千部発行し、市内の書店などで販売する。定価千円。問い合わせは同図書館〈電0557(36)7433〉へ。



えーと、上記記事を見て早速とりよせたところ、NHKさんから取材申し込みがありました。午前中に取材に見えられて、90分ほど対応。明日1/22 18:10からの静岡県内ニュース、5分の特集枠のうちの1分弱だそうです。
上掲の資料は郷土史として伊東市周辺の個人が主な購買層だが、県西部の企業が購入したことで興味を持たれたようです。記者さんが頭の回転が速く、割とガッツンガッツンつっこまれたので(社長がしどろもどろ的な意味で)見ごたえのあるインタビューになっているかもしれません。

取材対応は苦手であると常々申し上げ、機会があったら広報担当者など頼むよと本当に常々逃げ回っていますが、天下の公共放送の取材をお断りするなど、費用対効果を考えるとね。有効な広告宣伝としてありがたくお引き受けしました。いざとなったらスウィッチしてもらうため技術者、営業の計2名にスタンバって貰いましたが、結局トップインタビューに終始しまして。御社はこれから何をしたいの?という部分だけは精一杯おこたえしたとは思いますが、そこはカットされているかもしれません。。。まあ一分間もいただければ相当な情報量はあるのでしょうと期待しています(企業人として)。

もしうっかり視聴してしまった方、ご感想等いただきましても「いやあ、お恥ずかしい」としかお答えできないとは思いますがご勘弁願います。何しろ照れ屋なので。あしからず予告させていただきました。

※1/22 追記 番組コーナー名がわかりましたので大書しました。為念。

18:10~ NHK総合・静岡
たっぷり静岡 防災特集「今にいかせ震災記録」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード