FC2ブログ

春野町の地すべりについて

浜松市天竜区春野町で大きな規模で地すべりが発生しました。
被災地、とくに避難生活を余儀なくされている方には心よりお見舞い申し上げます。

3月末に亀裂が発見されてから監視が続いていたそうで、以下は静岡県公式HP緊急危機管理情報 浜松市天竜区春野町杉地先の地すべりについて からの 平成25年4月26日 午前7時00分 【第8報】平成25年4月26日7時現在(PDF:127KB)より転載です。全文や最新情報はリンク先の公式発表を参照願います。

4 地すべりの経過
4月 8日 : 伸縮計設置(住民の亀裂発見が契機)
4月21日23時30分 : 避難レベル観測(11.8mm/hr)
4月21日23時50分 : 避難勧告(6世帯24名)
4月22日 1時00分 : 住民避難(3世帯8名:久原公民館)
4月22日 6時 : 浜松土木事務所現地調査 杉川の影響区間立入禁止措置
4月23日 3時 : 観測値(最大35mm/hr)に加速  
          浜松土木事務所天竜支局職員全員配備
      4時20分 : 1回目崩落


※以降、本26日現在、昨25日の崩落までアップデートされています。

22日、住民避難の報道発表より心配していましたが、本日も県外の友人から心配のお電話を頂戴しましたのでご報告を兼ねてUPしました。本件については浜松も本当に広いので、私どもの生活圏としての心配はございません。本当にお心遣いありがとうございました。本件を注視する中で(上記、県の発表です)、観測し、避難レベルを確認し、支局員を配備し、現在も

(2)河川への影響
・ 河道は、ほぼ閉塞し上流側が湛水しているが、一部水筋(濁った流水)を確認。
・ 現時点で周辺住宅への影響はないが、仮排水路(予定流量以上になった場合に通水)を掘削した。

7 今後の対応
・専門家による調査結果・意見を参考に地すべり対策を早急に策定し、早期工事発注に向け関係機関と調整していく。
・25日夜の崩落の状況について、26日に調査を実施する。

※上掲より抜粋

24日は名古屋で客先と一杯やっていましたが、その日は終日雨だったので崩落地点や閉塞した河川の心を配しながらで、よく25日は快晴で目覚めるも、帰社して報道確認するまでは安心できませんでした。

 遡って避難勧告がでた時点では、海に面した某市の危機管理監様に表敬訪問をしていたところで、災害対策における貴重な苦労話を伺っていたところ。行政サービスとは、公開されていなければしていないことと同じ評価になってしまう。職位の拝命以前より緊急時の対応を命じられ、体制を整えているが、危機管理課と看板を掲げて職位で動いて行かないと、いざというときに”付け焼刃””非常時を想定していないのか”とシビアな目にさらされてしまうそうです。こことは別の市になりますが、台風でも来れば土木や河川、農業に関わる職員さんは日曜・深夜かかわらずヘルメット・長靴で駆けつけている。地方議員さんからも貯水池の増水をその都度、現地を視認しに急行すると伺いましたね。

先の震災を例にしなくとも、近年はゲリラ豪雨でも河川の氾濫など、イザという場面が多くなったような気がします。ここを予算や人員を割いて予防から復旧まで対応してくれていることに、話を伺えばなるほど、頼もしく感謝の気持ちがわいてきます。この日頃の活動に平常時は”無駄な予算”と突っつく”有識者”とか”オンブズマン”とか”コンサル”とかが入る訳ですが、それでもと”過去のデータ”からここまでは、という対策をうっても、「想定外という逃げ口上は許されない」という事態になってしまった、適正な「想定」と「予算」を折り合わせることが政治であるならばですよ、仕分けSHOWで災害対策予算を叩いて回った与党が失脚したのも、まあ、ね。

海沿い某市の危機管理に話をもどすと「この町は津波対策で見直しを掛けているところだが、従来より土砂災害が少なく、不謹慎かもしれないが土建屋さんに苦労を掛けている。山間部の市町村では災害復旧予算が、積雪地では除雪予算が、ね。イザというときに頼りになる土建屋さんが安定して事業継続してもらわないと、とは思っている。」という、オフレコなんでしょうが、身につまされる話なので書かせていただきました。

インドの話しですが、向こうの屋台でチャイを飲むと、素焼きのティーカップを客がどんどん割り捨てて帰る。これを海外の観光客が「もったいない、回収して洗って再使用すればもっと儲かるよ?」というと、「それじゃあ素焼きのカップを作っていた人の生活はどうなるんだい?」という世界観のようです。

デフレで公共発注が減って、廃業または重機を売却した業者が多く、震災や除雪で対応できる業者がいないと、最近聞いたばかりなような。。。市民オンブズマンとか、いわゆる行政監視という役割も必要なんでしょうが、それは本来の議会の仕事では。なんかこう、ほかの職業に対する敬意がないというか、コレで食べてる人に対する想像力がないというか、行政スリム化と称して本来の”納税者”という財源をブッ壊してして回っているというか、行き過ぎた口出しという印象はぬぐえませんでした。実は。だってね、その道のプロでもなければ選挙で選ばれたわけでもなく、自薦、でしょう?技術者を叩く評論家ばかりが増えてね、いや、言い過ぎましたかね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード