FC2ブログ

天保15年 御堂修復志

御堂修復志 ← 御堂修復志 募金箱です。 およそ90cm×16cm


 最期の龍吐水師 4/14にエントリしたばかりですが、お蔭様で通常の倍ほどのアクセス数を頂いています。また、震災&復興のキーワードの検索結果でご訪問いただいているゲスト様も多数あり、拙ブログの防災のカテゴリは過去の記事にも継続的にHITがあり、防災屋としてありがたく思います。
 震災、火災がありましたね、という記録そのものより、時代ごとの復興に賭けた知恵と努力を顕彰してお伝えするのも防災業の使命だと考えていますので、今後も途切れなく、歴史的事物、現代の取組み、最新技術や予防・対策に対する記事に取り組みたいと思います。今後とも宜しくお願いいたします。

 このような訳で、今回も調子に乗って、ガラクタから勝手に意味を掬い取る作業に入ります。

 今回は、前稿「最期の龍吐水師」で考察しました、龍吐水師や消火器メーカーなど、防災メーカーは寺社門前に発生か、という観点からアプローチしました。勿論、城下町など、行政機関や豪商が大火などで責任を負っていますので、役割の一端という程度に捉えています。

御堂修復ウラ ← 裏面です。



天保十五甲辰年八月十四日        1845年8月14日(月日は旧暦) 
当国笹曾根 住人 羽佐田藤七 門弟  この藩の笹曾根の住人 羽佐田籐七の弟子
同所 伴染吉 作之             同所に住む 伴染吉 これを作る


当国とは西尾藩善光寺領、現在の愛知は西三河、西尾市にあたります 水野日向守本陣 様HPより


          
 
長了山 善光寺(ぜんぎょうじ) 開基  羽佐田藤七・藤八・藤九郎

以下リンク先より抜粋

・1532年(天文元年)紀州から羽佐田藤七、藤八、藤九郎の三兄弟が当地に来り住す。
・藤七家(現、●内■男 宅)1673年(延宝元年)山上神社を創社。
・善行坊日高開創以来、羽佐田家の菩提寺として、同家の外護により隆昌したが、
 日高以後、47年無住であり、2世修要院日行(中興建立)以降、善行寺の基礎が固まった。
・明治24年(1891)23世妙袋院日珠代に濃尾大地震に遭い本堂・庫裡は大破したが、
 日珠及び檀家の協力により翌年修復を完了した。
・昭和19年(1944)12月7日、熊野灘を震源とする東南海地震、翌年1月13日の三河大地震
 により本堂は倒壊し、庫裡は大破した。敗戦により、寺所有の1町歩弱の農地は解放となる。
・円照院日雄代に庫裡を修復して仮本堂となしたが、昭和31年(1956)前住職、28世寶珠院日尚、
 本山塔頭寿妙院より入寺するや、檀中の尽大な協力のもとに本堂再建に着手し同33年本堂を建立
 したるも翌34年伊勢湾台風の襲来に、本堂・庫裡に被害を受けた。
・甚だしきは、明治13年(1880)上杉日流代再建の山門倒壊、その後修復を重ね、昭和37年(1962年)
 3月27、28日、本堂落慶入仏式を勤修した。

・・・以上、引用終わります。
 肝心の天保年間(1830~1843)には何があったか分かりませんが、天明・天保と大飢饉が続き、また明治維新の原動力となる人物の多くが誕生した時代(年表参照)、一気に幕末へシフトする期間です。
 ともあれ、1532年から、当代は29代目の当主、「平成14年3月31日、立教開宗750年、善行寺開創450年の記念法要を勤修する。」とあり、ここまで、全面改修など寺域整備に前、現役員ならびに挙檀一致であたられ、守り継がれてきました。

 災害から守る、とは、予防することと、復興すること、すべてがサイクルなのだと思います。BCPであれ、PDCAであれ、人の営みの永続は、改善、改善、改善、改善、、、、以下継続。




 ところで、浄財箱の出来ですが、
 只の木箱のようで、浄財の投入しやすさ、ガッチリ盗難防止など、良く考えられています。
 上部の ■■ の2つ穴からして、相当しっかり固定していたものと思います。

御堂修復 上部 ←上部の投げ入れ口 バリアフリー自販機のようです。

御堂修復 底 ←箱の底の部分

御堂修復 開 ←背面に向けて開く。箱を設置位置から取外して集金。


テーマ : 災害
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード