FC2ブログ

祝 報徳社大講堂 重文に

報徳社大講堂(掛川)重文に 文化審答申2009/04/18静岡新聞

※リンク先に写真あり

 国の文化審議会は17日、掛川市掛川の「大日本報徳社大講堂」(旧遠江国報徳社公会堂)など7件の建造物を、重要文化財に新規指定するよう塩谷立文部科学相に答申した。近く答申通り告示する予定。
 大講堂は明治36年(1903年)、江戸期の篤農家二宮尊徳の教えの実践を目指した報徳運動の拠点施設として建てられた。木造2階建てで、1階は和風、2階は洋風の外観を持ち和洋折衷のたたずまいが特徴。国内屈指の大規模な近代和風建築として知られる。
 平成16年(2004年)からは県や掛川市、掛川信用金庫、報徳社社員、一般市民らの寄付など総額約4億5000万円をかけ、3年がかりで“平成の大修復”を行った。
 大日本報徳社の榛村純一社長(74)は重文指定について「多くの人の協力による価値ある修復が実った。掛川の木の文化や教育、文化、観光の拠点を体現する建造物でもあり大変うれしい」と話した。
 県によると、県内の重文建造物は累計33件、95棟となる。掛川市内では「掛川城御殿」に次ぐ指定となった。




 おめでとうございます。拙ブログでも取り上げ、勉強させていただいておりますので、とても嬉しく思います。

二宮尊徳と報徳思想(その1)
二宮尊徳と報徳思想(その2)

「道徳の無い経済は犯罪である」
「経済の無い道徳は寝言である」

 この教えに出会い、会社が執るべき価値判断の指標を公正かつ明確にできたと思います。まだまだ浅学菲才の修行中ではありますが、肝が据わったとは思っています。経営哲学はなんですか?と訊かれれば、迷わずこの教えを申し上げたい、大切にしている言葉です。

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード