FC2ブログ

澁澤栄一「論語と算盤」の現代意義

 セミナー 澁澤栄一「論語と算盤」の現代意義 これからの資本主義の行方

 行ってまいりました。当社メインバンクの計らいでローカル中小企業の次世代経営者塾を立ち上げられています。スポンサー企業として、県下の名だたる一流企業が名を連ね、塾生(会員企業)も優良得意先、いつかはお取引したい優良企業群から有力ライバル社まで。銀行の信用がある企業の次世代経営者が集まるので、ローカル工事会社にはハードルが高い難しいテーマが多いのですが、当社も幹部社員ともども背伸びして参加しています。
 それにしても地域を構成する企業群の経済活動を健全、活発に育成することに力点を置いてくれる地域密着の金融機関は正に地方の大動脈であり、特にこのような経済状況下、ご負担も大変だと思いますが、甘えています。幹部役員の方とお話しする機会にもなり、地域成長の為の愛情をひしひしと感じます。リーマン破綻から空気がガラッと変わった際にも、中小には貸し剥がしにならないような直接的な配慮も然ることながら、発注先の大企業にも、支払いスパンの短縮、現金化のための緊急融資など、我々が知らないところでも中小企業を大切にしてくれているエピソードを窺っています。

 そのあたりの道経一体経営と、澁澤栄一に何の関係が?というところ、続編で考察します。まずは澁澤栄一の血統である講師を副頭取が丁寧にエスコートしていたことで、どれほど大切な教えが隠れているか、他のテーマの続編も山盛りになってきましたので、ゆっくり取り組みたいと思います。

 本日より4/24.25の2日間、震災対策技術展、静岡会場に出展していますので、今から行ってきます。ちょっと駆け足の文章になってしまった感がありますが、ひとます。

 静岡会場の見所

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード