FC2ブログ

記録は大事 】 可睡斎護国塔と活人剣

shizushin_2013_7_23.gif
護国塔の歴史 記録紙で伝承 袋井・可睡斎 2013.07.23(?)静岡新聞

 見逃しの記事、というか名古屋出張なら中日とか、現地紙を読むようにしていますので、そのようなタイミングの記事でしょうか。護国塔100年展を皮切りに、2011年は護国塔の顕彰事業に多く出席して勉強しました。建築家・伊東忠太への関心から始まった可睡詣でですが、座禅の会があったり、近現代の歴史や漢文(石碑の碑文解読)など、建築以外にも実りの多い年でした。

 今年も11月16日に「可睡斎 活人剣の碑文について」袋井市協働まちづくり事業の勉強会に参加してきまして、日清戦争の講和会議にまつわる碑文なのだが、なぜ袋井の可睡斎にあるかを含めてお勉強。護国塔は日露戦争の戦没者慰霊。徳川ゆかりのお寺でもあり、神君家康公没後400年記念事業も企画されていますが、歴史の現場ってあるんですね。

 で、勉強会で伺った際に社務所で上掲記事の「可睡斎護国塔物語」を見つけて、顕彰してきた資料がまとまったんですね、と購入。贈呈しなきゃあという人を思い出して、昨日、静岡帰りに余計に購入。

 本誌の内容は、可睡斎の当時の斎主 日置黙仙 禅師 と日清日露の時代背景、護国塔の設立趣意から除幕式の賑わいまで。当初案など実現しなかった設計図や当時の予算・工法・業者まで。とくに伊東忠太について100年記念事業で行った視察旅行で現存する作品に触れてきましたので、幅広く。関連石碑の解説も。

 2011年には実行委員会の皆様にはお世話になって、よく覚えていただきましたが、委員の中で建築部分の多くを紐解いた先生のブログ 倉布人◆日常空間 様の、実際に本誌編集に関わった2013年07月23日、生のページ。(上掲の記事も借用いたしました)
                         倉布人(くらふと) 一級建築士事務所
さて、標題、<記録は大事> と書きましたが、100年を顕彰するに、よくこれだけの文物が残されていたものと感心します。

 下記は上掲記事をNET検索していて偶々発見したページ。袋井市様の教育委員会関係のページからだと思います。
静岡県指定文化財 可睡斎護国塔保存修理報告書 2 0 1 3
宗教法人萬松山可睡斎・静岡県袋井市教育委員会 (PDF)


昭和54年度および平成10年度の修理記録ですが、123ページにわたる膨大な資料です。残された設計図の一部や古写真・古記録から、大変苦労された様子が伝わってきました。

 活人剣碑-002

 で、11月の勉強会で「活人剣」の碑について学んだ訳ですが、あらすじ。

日清戦争の講和会議で下関に来た、全権大使 李鴻章(スゴイ、りこうしょう で一発で変換された)が暴漢に狙撃され、顔面に重傷を負う。明治政府は「一師団や二師団を失った敗軍以上だ」と衝撃を受ける。明治大帝は陸軍軍医総監 佐藤進博士 を差し向ける。治療が奏功し、交渉が再開される。

治療中、李と佐藤の会話
李「本来、人を救うのが使命であるはずの医師がどうして人を殺める剣を下げているのか」
  ※ サーベルを下げた当時の軍医の正装で治療に当たっていた。
佐藤「これは活人剣である。私はこれで日夜、病魔と闘って勝つ」
  ・・・この答えに感心して、信頼を深めた。

”活人剣”とは禅の言葉で、佐藤は可睡斎に参禅して斎主より教えを受けていたので、とっさに禅の妙義が口から出たといわれている。

 現在は上の写真の通り円筒状の石碑が残されていますが、かつての姿を残す古ハガキが発見され、元の姿が確認できるようになりました。

活人剣碑-001 軍医のサーベルが乗っていた

 その後の大戦で供出されたそうです。制作には高村光雲をはじめ当時一流の芸術家が名を連ねていますが、この発見をもとに復元(案)が検討されているようで、楽しみにしています。

可睡斎護国塔-001 当時発行の絵葉書

可睡斎小絵馬 ぐっと時代が下がって開運絵馬
可睡斎小絵馬の文 裏面には家族に宛てた手紙。

 東名高速が部分開通くらいの時期のようです。神奈川から高速道路と国道を上がったり下がったり、小夜の中山、可睡斎、これから三河湾に向かうとか、ドライブの感激を娘さんに送っています。良い子でねって。むぅ、似た人もいたもんだ。こんな記録もほのぼのして佳し。

関連;
可睡斎の護国塔100年展 伊東忠太 2011-03-07
【脱皮】 西洋建築から日本近代建築へ 2011-06-16
伊東忠太 可睡斎護国塔100年 今年のまとめ その1 2011-12-16
伊東忠太 伊賀上野 俳聖殿 今年のまとめ その2 2011-12-19
伊東忠太 京都の1 聴竹居 今年のまとめ その3 2011-12-20
伊東忠太 京都の2 祇園閣ほか 今年のまとめ その4(完) 2011-12-22
護国塔101年、西本願寺伝道院は100年 2012-02-29

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/12/12 08:52)

袋井市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード