FC2ブログ

井伊谷までお使いに行ったのだが、ね。

 本日、東京からと、晩方には静岡より、それぞれ大切な方がお越しになるので、奥浜名湖は引佐の”みそまんじゅう”を買いに。奥さん、というのかオカミサンなのか、「今日は暖かいですねえ」というので、先日の大雪は大丈夫でしたか?と聞くと「このあたりは災害に強くて、台風も来ると言って何にもないし、雪を見たくても見れませんでした」とのこと。穏やかで良いところ。

 浜松市北区引佐町井伊谷(いいのや) 井伊谷宮・宗良親王(むねながしんのう)をお祀りしています。
井伊谷宮


 さて、先日 最近、壊しすぎじゃないかい? 2014-02-14 とUPしまして、はまホール代替案に異論噴出 浜松市、来春閉館方針 (2014/2/ 6 14:19)を話題にしましたが、今日付けでも追跡記事がありました。市長いわく「50年も経ってるから閉鎖、耐震や修繕をしてもあと何年寿命が延びるの?」という趣旨だったかな。Web版の記事が無いようでうろ覚えですが。

 平成の大合併という時期、「吸収される側」との危機感があった山間地で、伝統技術や独特の風習・道具などが済し崩しに失われると危惧していました。時の市長はクラスター型の合併を目指し、それぞれの地域の賑わいと特色は維持させると。

 で、2年近く前のお使い物の時にはすでに、「長いこと休館しているなあ」という印象だった、浜松市引佐歴史民俗資料館。今日の買い物で通ったら跡形もなく、住宅2棟が完成間近になっていましたよ。

井伊谷 歴史民俗1

井伊谷 歴史民俗アプローチ
コンパクトな佇まいに、玄関の階段が好きでした。残念。

 ところで井伊谷宮・宗良親王 ⇒ 南北朝 ⇒ 遠江・三河・信濃・甲斐など歴戦 ⇒ 修験道のネットワーク
と、ピンとくるものがある人。

井伊谷 宗良親王

井伊谷が薨去地なので宗良親王の墓所もありますが(一般立ち入り禁止)、三遠南信道から別所街道へ飯田のほど近く。阿南町に即身仏(ミイラ)が鎮座します。苦戦した南朝ですが、資金面で支えたのが中央構造線と金山を掌握した修験ネットワークといわれています。豊橋市図書館のアーカイブですが、中央構造線①南朝と修験者~中央構造線⑥即身仏「行人様」・水銀。この手の話題が好きな人は是非。牛若丸が鞍馬展るに鍛えられ、弁慶を従え、ゲリラ戦法をと、都落ちと失地回復というシステムが見えてくるような気がします。


行人様

一昨年ですが、ご開帳を拝んできました。中学の時の同級生が家族連れで来ていて声を掛けられてビビったし。
こちらは一足先に帰るところ、あちらはこれから向かうところで「ミイラまでの行き方を教えてくれ」って、そんな道案内は初めてだよ。即身仏本体は撮影禁止ですから、本当に拝んだだけで。


 いや、引佐町は井伊谷宮に話を戻すと井伊家を祀る井伊社もあって、戦国から江戸時代までの歴史好きにはこちらの方がしっくり来るのでしょうね。拝殿がガラスを多用して清々しく。

井伊谷 井伊社

 引佐のまちも道が随分良くなりまして、古い佇まいが無くなってきていますが、このお気に入りの看板は残っているだろうか。
井伊谷 配管工

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/03/01 08:51)

浜松市北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード