FC2ブログ

最近は趣味の本ばかり。安らぎます。

インターメディアテク: 東京大学学術コレクションインターメディアテク: 東京大学学術コレクション
(2013/11/27)
西野 嘉章

商品詳細を見る

内容紹介

東大が明治10年の開学以来蒐集してきた膨大な学術標本を展示する博物館がオープン。東京駅前に突如現れた美しくも奇怪な驚異の部屋(ヴンダーカンマー)のお宝数百点を一挙カラー掲載!

内容(「BOOK」データベースより)
驚異の部屋へ、ようこそ―明治10年の創学以来、東京大学が蒐集してきた膨大な学術標本。時空を超え、東京丸の内に蘇った美しくも奇怪なモノたち。


クッ、、、もう3月、年度末ですよ。年度末対応と当社は半期の折り返し。年間で重要度の高い繁忙期になりました。勿論、9月決算月とね。半年サイクルであっぷあっぷにならないように年度方針と年間スケジュールとを立てておくわけですが、実践できているか、成果があるか、軌道修正が必要かと、検証していかねば。何しろ半年サイクルですから、もたもたしていると実行すらしていなかったことも明らかになる時期です。まあ実際には3月ごとの四半期に区切って、そこから月次、ウィークリー、デイリーと、細分化して、要は毎日が忙しく充実することが理想ではあります。いや、これがなかなかに、どこかが締まればどこかが緩むとか、色々と。

 つらつらと書きましたが、人モノ金に社史と世相と将来像までを絡めて、寝ていても、誰かと一杯やっていても、あれこれと社業について考えているのが社長業。そこで無心になる方法、あるいは息抜きなど、切り替えSWになる習慣や趣味が必要になってくるのでしょう。OFFが大切なことは当たり前だが、筆者もこれから「紹介したい人がいるんだ、来いよ」という招集がかかりましたし、御年70を超えた親父殿も客先から「麻雀やるけどメンツが足りなくてな、がははは」という呼び出しを受けております。

 さて、筆者には収集癖がありまして、もともとは読書壁からはじまって現物にも触れてみたいので全国を歩き回ったり、ガラクタを集めたりという行動に繋がっています。簡単な入門書から興味をもって、いろいろと見聞きしては、専門書に深入りしていくので、この20年ほど、ずいぶん無駄な知識が増えました。

 で、最近、友人の結婚式にかこつけて宅急便で送るほど古本を買いこんで、静岡駅前で会議があるついでに併設の大型書店でも趣味の神官を買い込みましたので、しばらく切り替えSWには困らなくなりました。ここしばらく社内から「最近笑わないですよね」とか「目が怖い」とか言われるようになっていましたので、そういううっぷんも溜まっていたのでしょう。たまには衝動買いもよいね。

Wilder Mann: The Image of the SavageWilder Mann: The Image of the Savage
(2012/10/16)
Robert McLiam Wilson、 他

商品詳細を見る


商品の説明


内容紹介

“野生"をまとい、生命を祝う男たち

ヨーロッパ諸国で何世紀も昔から伝わる祭り。そこに登場する獣人たち。 彼らは、さまざまな衣装を身にまとい、生命の輪廻や季節のめぐりを祝う。 動物の毛皮や植物でできた装束、鈴や骨で飾られた姿。 それらの驚くべき多様性と奇怪な美しさをおさめた写真集。欧州19か国を取材したプロジェクト。約160点を収録。

著者:シャルル・フレジェ
寄稿:「ワイルドマンとヨーロッパにおける仮面の伝統」ほか
解説:「仮装とその種類の解説」

内容(「BOOK」データベースより)

野人!?怪物?!悪魔!?精霊?!160種のワイルドマン登場。古来より継承される仮装の儀式。ヨーロッパ19カ国の伝統衣装を収録。


目下、この2冊が、特に下段にノックアウトされています。かわいい。

さてと、待ち合わせ時間になりましたので行って参ります。ちょっと気が済んだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード