FC2ブログ

3年目の防災勉強会

静岡新聞140312-001 12.03.12 静岡新聞

 昨3月11日で、東日本大震災から早くも3年。全国的に追悼イベントや報道各社の特集が続きました。
そのあたり、現役で働いている世代は新聞報道で触れるしかないとは思いますが、機能の話題にはよく上がりました。

 午前の来客は、3.11当時、全国展開する大手の得意先の社長が来社していて、静岡のオフィスが大きく揺れる。「ちょっとフロアのパソコンを全部、貸してください」と各地のライブカメラを見て被害の大きな出先から順に連絡を入れたそうで、特に被害の大きな東北2拠点は客とスタッフの安否を確認すると、「あとはプロパー社員に任せて全員帰らせなさい」と、対応や決断が速くて驚いたようです。自分の子供2名を含む家族の安否はそのあとで、子供一人がなかなか行き先が分からず心配されたそうです。

 夕方から某社協力会の役員会があり、4月度は工事の安全に対する勉強会にしようという下打ち合わせがありましたが、被災地いわきにボランティアかたがた視察に行った委員がいましたので、3年目にもう一度「防災」について考える勉強会にしましょうと、軌道修正。これから詳細テーマと講師さがしです。「風化」しないことがもちろん大切ですが、実際に行動して伝えてくれる人は貴重です。この会では、昨年は静岡県の防災センターから講師を、震災後の6月かな、には浜岡原発の防災対策などを勉強してきています。今回はボランティア経験者や社会福祉協議会など視点を変えた勉強会でもよいかな、という議論で会議を終わらせました。

 地元浜松市を含む静岡県でも防潮堤や避難タワーなどと総合訓練など、ソフトとハード両面で対策が進みますが、今一度、被災地について固めようという事です。改めまして被災地の皆様にはお見舞い申し上げます。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード