FC2ブログ

会長スウィッチ

 桜が見ごろなのですが、ここの所の浜松は曇りがちで風が強く。咲き初めは「花が長持ちするかな」と思いましたが、そろそろ穏やかな天気を期待しています。今日は花見に誘われていますが、「おい、4月2日は空いているんだね」と連絡があったきり、詳細のご案内がありませんのでお流れか。

あの頃映画 「八つ墓村」 [DVD]あの頃映画 「八つ墓村」 [DVD]
(2012/03/28)
萩原健一、小川真由美 他

商品詳細を見る

。。。ちょっと記事にそぐわない映画ですが桜満開でお気に入りのパッケージなので。山崎努さん怪演。いや、失敬。

 昨4月1日、新入社員5名を迎えた入社式を執り行いました。新入社員紹介、幹部社員紹介についで社長(筆者)より訓示、先輩社員より歓迎の言葉、新入社員代表の誓いの言葉、創業会長より励ましのメッセージ、クローズの流れ。

 社長より50周年を迎える準備で改革中の当社の現在と”諸君”への期待するところを。先輩社員代表は今年6年目の主任。ちょっと前日にハードルを上げておいたのガッチガチでしたね。ふふ。「大変な経済環境の建設業だが、伸びる企業は伸びているし、我々にも機会がある。機会を逃がさないための準備は必要。君たちの雇用が準備の最終段階だと思う。60年・70年と発展する会社にするために我々若い世代で一緒にがんばりましょう。」うん、感動した。
 新入社員代表は工業高校新卒18歳。やはりドキドキしながら一生懸命考えた原稿を、それでも丁寧にしっかり読み上げてくれました。希望に満ちたメッセージを読み終えて、ほっとした表情でこちらの表情を伺ったので、目を合わせてにっこり頷くと、目がキラキラ輝いてね。実は彼ね、卒業と同時に1日で絵も早く仕事を覚えたいからと、3月10日から出社して研修を受けています。大切に育てたいなあ。諸先輩がた、頼んだ。

 そんな新卒18歳に会長、スウィッチが入りましたね。会長も工業高校3年生から防災業でアルバイト、そのまま卒業時に請われて業界に入門しました。完全に新入生に自分を重ねてましたね。励ましのメッセージを軽めにという下話でしたが、創業50年の半生記の合間合間に新入社員への思いと経営理念が取り留めもなくあふれ、10年ぶりくらいの大演説になっていました。5名の新人にどのくらい理解できたかは別として、大変貴重な機会になったことは間違いないでしょう。なにより同席したベテラン社員に改めて創業理念が注入されたようなので、後進にも伝え続けてくれることと思います。いやあ、重苦しい40分くらい?でしたね。

 同日、幹部社員と昼食。駅南の蕎麦屋と行き帰りの車中で教育方針やら何やらを話していて、お互いの読書遍歴の話題に。氏は小学校1年生からすでに小説に親しみ、筆者は同じころエジソンや野口英世とか偉人伝ばかりだったなあと。社内の空気として、どうやって読書週間を付けさせるか、ため息が出ましたよ。

桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)
(1989/04/03)
坂口 安吾

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
なぜ、それが“物語・歴史”だったのだろうか―。おのれの胸にある磊塊を、全き孤独の奥底で果然と破砕し、みずからがみずから火をおこし、みずからの光を掲げる。人生的・文学的苦闘の中から、凛然として屹立する、“大いなる野性”坂口安吾の“物語・歴史小説世界”。


 人を殺すことに何の躊躇もない豪放な山賊が、とある姫を連れ帰って、少しづつ変わっていくが。満開の桜は本当は恐ろしいものだ。今の時期だから読みたい幻想的な短編。ものの見方とか価値観が、とか脳みそが良い体験をしますよ。おススメ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード