FC2ブログ

フィールドワーク(ドライブとか散歩とか)の手がかり

追憶の遠州鉄道奥山線 (RM library (10))追憶の遠州鉄道奥山線 (RM library (10))
(2000/06/01)
飯島 巌

商品詳細を見る


 奥山方広寺について書いたら、最近、上掲の冊子を地元書店チェーンが大プッシュしています。初版2000年の第4刷2008年ですが、系列店のレジ前かホビー⇒鉄道雑誌コーナーにて平積み。地元らしい企画をしてくれてうれしい限り。
 奥山線、1964に使命を終えて50年ということのようです。当社重某重役は都会っこですが、都市部の小学生は奥山線で方広寺参りが遠足だったそうです。線路あとは遊歩道や通学路など、ある程度記念として整備されていますし、路線に沿って散歩すると(筆者的には)火の見櫓が残っていたり。
10分団1
ここは幸かな、第10分団の火の見がスペースエイジというか、1950~60年代の人工衛星ブームのようなデザインでお気に入り。別稿に改めます。

軽便車両S15 これは奥山線ではありませんが、
 浜松ローカルの大手 須山建設 さんの創業期、昭和15年に購入され、土木工事でダンプのように活躍したという、軽便鉄道。ご本社の敷地に鎮座しています。浜松で最初のブルドーザーも須山さんが昭和29に購入しているとのこと。


東京人 2014年 05月号 [雑誌]東京人 2014年 05月号 [雑誌]
(2014/04/03)
不明

商品詳細を見る

東京人5月号 特集 フィールドワーカーになる
発見、観察、採集、なんでもかんでも遊んでみよう!


 今から30~40年前に、路上観察学会とか趣味人の集まりがあって、これが本紙の底流にあるようです。とりあえず感心したものは写真に残しておく。皆で持ち寄って楽しむうちに、精度や鑑賞の評価軸も向上し、集大成になって作品集が出せるくらいになる。「超芸術トマソン」という成果は楽しかった。
超芸術トマソン (ちくま文庫)超芸術トマソン (ちくま文庫)
(1987/12)
赤瀬川 原平

商品詳細を見る

VOW(VoiceOfWonderland)のような面白物件の投稿にまで間口が広がりましたね。学生時代は結構、買ってました。最近だと珍スポとか、ネットで検索したり便利になりましたね。拙ブログもたまに検索される側になっています。で、テレビのナニコレ珍100景?まだやってる?やっぱりテレビが募集すると趣旨が変わってしまうのかな。まあよいです。
ベスト オブ VOWベスト オブ VOW
(2013/01/18)
宝島編集部

商品詳細を見る




 明治末から続く柳田国男や折口信夫に代表される山村や海の民俗学、あるいは考古学に対して、考現学という(趣味的な)学問が発生しまして、今和次郎ですが。これが路上観察学会に受け継がれる好奇心なのだと思います。いや、自分はだらだら散歩しているだけですが。まあ、たまにUPしているマンホール探検なんかも路上観察です。
今和次郎 採集講義今和次郎 採集講義
(2011/11/30)
今 和次郎

商品詳細を見る

 で、この5月号。特集の中で今和次郎の世界的な再評価についても特筆されていますのでうれしく。

「今和次郎に向けられる世界の目 考現学 海外初の展覧会開催」

 今和次郎は関東大震災後の東京のバラック調査スケッチを多く残しているのだが、3.11やハリケーン・サンディの被災地の在り方に多大なヒントを与えているそうです。

 
飯田線各駅停車 94の駅で楽しむガイドブック (NEKO MOOK)飯田線各駅停車 94の駅で楽しむガイドブック (NEKO MOOK)
(2014/03/31)
水野 宏史

商品詳細を見る


 三遠南信エリア。ここ数年、走り回って楽しんでいますが、ちょっとゆっくり見て回りたい場所が増えますね。
下段とあわせて土日の楽しみが。まずは飯田。街中をノンビリ散策したことがないので。

愛知の地名―海進・災害地名から金属地名まで愛知の地名―海進・災害地名から金属地名まで
(2012/05)
中根 洋治

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード