FC2ブログ

忌野清志郎さん この街を離れ 遠く

<訃報>忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け5月2日22時54分配信 毎日新聞

 「ベイベー!」や「愛し合ってるかーい!」などの決めぜりふ、奇抜な衣装と演出で知られるロック歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志=くりはら・きよし)さんが2日、がん性リンパ管症のため死去した。58歳だった。葬儀は9日午後1時、東京都港区南青山の青山葬儀所。喪主は妻の栗原景子(くりはら・けいこ)さん。

 東京生まれ。68年に中学校の同級生らと、忌野さんをリーダーとするバンド「RCサクセション」を結成、70年に「宝くじは買わない」でデビューした。72年には「ぼくの好きな先生」が、80年には「雨あがりの夜空に」が大ヒット。82年には坂本龍一さんと組んでリリースしたシングル「い・け・な・いルージュマジック」が社会現象を巻き起こし、日本の「ロックの神様」としてコンサートのほか、CMや映画などで活躍した。

 一方、「音楽は時代の刺激剤であるべきだ」との信念を持ち、政治的なメッセージを込めた歌も歌った。そのため、反原発を扱ったアルバム「COVERS」やパンクロック風にアレンジした「君が代」が入ったアルバム「冬の十字架」が一時、発売中止になったり、コンサートで突然「あこがれの北朝鮮」「君が代」を歌って、FM中継が中断したこともあった。

・・・後略 全文はリンク先で。



 明日5/3から連休直前(当社)ということで夜更かししていましたら、とても悲しい知らせがありましたので。

 「歌は世につれ、世は歌につれ」とは誰の名調子でしたか、RCサクセションやタイマーズなどの活動から、故人には昭和歌謡のような表現は似つかわしくないような気もします。特にマニアということでもなく、健康上のニュースを気にする程度でしたが、いざ訃報に接した今、直接ご縁のない著名人の死に初めて動揺し、脱力しています。

 活動絶頂期をリアルタイムで体験したのは40~50代だと思います。筆者は30代なので、「いけないルージュマジック」「デイドリームビリーバー」や昼間のパパはちょっと違う、昼間のパパは男だぜぃという「パパの歌」もヒットしました。ご本人の活躍とともに、最近はリスペクトとかフォロワーを表明する若手ミュージシャンも多いので、20代以下にも心に残る一曲があるかも知れません。

 自分はもともとロックンロールとかエレキとか、汗臭くなってしまうとちょっと避けてしまうところもあり、愛し合ってるか~い、ノッてるか~い、ベイベーと、歌以外で話しかけてくるのも引いてしまう(これが醍醐味なのでしょうが)。音楽が生き様だと見せ付けられると白けてしまう性質なので、奇行も含めてロック期(エレキバンド化した)のRCはちょっと聞けませんでした。(ファンの人本当にすみません、悪しからずです)

 デビュー以来のアコースティック3人編成がとても好きで、リアルタイムのファンにもエレキ化と一緒に離れてしまった人が多かったようです。まだ故人も照れ屋で、はにかみながらもストイックに「過激な」「皮肉な」「ナイーブな」歌を歌っていました。

 高校一年の時だったかな、初期の頃のベスト盤「HARD FORK SUCCESSION」のレコードを中古で買ったのが最初です。びっくりしました。

ちょっと歌詞を例に出すと

「キミかわいいね」
君かわいいね でもそれだけだね 君かわいいよ お人形さんみたい    それだけさ

「シュー」
烏合の衆 烏合の衆 烏合の衆
一人じゃなんにもできないくせに 一人じゃ何にもいえないくせに
たまには一人で何かやってみろよ いつでもみんなと いっしょなんだね
一人じゃ何にも言えないけれど 今はみんなと  いっしょだもんね

「どろだらけの海」
あの娘は悲しそうに海を見た 汚れた浜辺で悲しそうに
どうして海はこんなに どうして海はこんなに 汚れてしまうのか
あの娘の水着も真っ黒け 油に汚れて真っ黒け
どうして海に油が どうして海に油が 流れてきたんだろう

 書いてしまうと照れくさいですね。彼独特の粘る声と口調、R&Bの軽快な演奏でイメージが湧かないとちょっと青臭いです。

 3つ目に引用した「どろだらけの海」は数年後の91年湾岸戦争でペルシャ湾に流出する重油で海鳥が飛べなくなった映像を見たときに強烈に思い出されました。

 また更に数年後、大学4年生くらいでしょうか。フジTV深夜に「WOOD」という番組がありました。意外な組み合わせのミュージシャンがアコースティックライブで有名な曲をカバーする番組です。故人は山下洋輔のピアノでスタンダード曲「500マイル」を披露しました。


    500マイル/忌野清志郎

   次の汽車が駅についたら  この街を離れ 遠く
   500マイルの見知らぬ町へ  僕は出ていく 500マイル
   ひとつ ふたつ みっつ よっつ 想い出数えて 500マイル
   優しい人よ 愛しい友よ  懐かしい家よ さよなら
   汽車の窓に うつった夢よ 帰りたいこころ おさえて
   おさえて おさえて おさえて おさえて
   泣きたくなるのを おさえて
   次の汽車が駅についたら この町を離れ 500マイル


 いま、本稿を書きながら15年ほど前のこの歌唱が、あの声が、脳内で何度も再生されています。不思議と涙が止まりません。冒頭でも書きましたが、直接ご縁のない方で泣くのは本当に初めてです。なにか自分が感じた時代に不思議に流れていた歌だったからかもしれません。大人気ない大人の代表、破天荒に生きたようでいて、一度退院した折の復活ライブでは逆に観客を気遣って勇気づかせたと報道されていました。忌野清志郎さん、心よりご冥福をお祈り申し上げます。合掌。

テーマ : 忌野清志郎
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード