FC2ブログ

若者たち(エール)

wakawaka.gif


前稿でちまちま書いた所用のうち、母校の「先輩と語る会」と祝辞を仰せつかった結婚式と、若手にエールを送る機会に恵まれましたので、備忘録。ああ、名門私学の式典も生徒のアテンド、空手やチアリーディングの演武など、若さを頂戴しましたよ。

 高校2年生は1クラス42名-2(欠席1 いねむり1)。自分が在学時に何に取り組んだか、卒業から現在に至る経緯、努力したことなど。和やかに話し出せたことは良かったが、17歳の真っ直ぐな視線に、「あまりふざけたことは言えないぞ」と、少々お硬く折り返してしまい、途中で指名して発言させるような配慮ができなくなっちまった。「僕はこうしたけど、あなたならドースル?」なんてイメトレをしていたのだが。控室まで送迎してくれた学級委員長かな、色々と現状や相談事を聞かせてくれたので、ツマラなくはなかったと思いたい。後日、生徒たちからの通信簿が届くようで、ガクブルです。純粋な目には力がありますね。大人相手にはそうそう負けないのだが。全体50分うち質疑10分では大筋のストーリーしか話せず、2時間くれないか。OB講師陣の創意でした。

 祝辞を贈らせていただいた新郎、父君が弊社から独立し、協力会として活躍。ご子息をサラリーマン経験など修行でお預かりしているので、親子2代のお付き合い(互いに)。孔子の論語では、修身 斉家 治国 平天下 4段階の2つ目の段階であると申しました。 大意は下記の通り。

修身 = 修行する 職業を通して生活基盤を整える
斉家 = 一家をなす 家庭を運営する基盤をともに作り上げていく
治国 = 後輩を育てる、地域やPTAなどに参加する 
平天下 = 職業を通して社会に、家庭を通して地域に もって国家に貢献する

名門私学は当社の消防設備点検の得意先ですが、当社の点検作業員(作業服のオッチャン)も訪問すると生徒たちから気持ちの良い挨拶があると聞いています。受付で「いらっしゃいませ!」ご祝儀に「ありがとうございます!」待合で「素頓亭様、お席までご案内します!」。。。文武両道を掲げ、徳育を幹に、枝葉に知育・体育。こうも清々しいとぎこちないところまで可愛らしく。大人どもも背筋が伸びる一日になりましたよ。

wakate.gif
おっさんたちもこういうところを通っているんだけどね。

 月亭可朝 嘆きのボイン

あるいは、

 松鶴家千とせ - 夕やけこやけ

このあたりをBGMで。

 まあ、味噌汁 でもよし。

。。。。昭和の人は上手い。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード