スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半蔵門に居るんだが

昨晩は客先四十周年の記念パーティーで。600人、帝国ホテル。浜松からも防災屋が参列しているくらいなので不動産やゼネコンさんから物品納入業者さんまで。名物会長の創業ストーリーは迫力があり、パリッと二代目社長は同年代。しかし、比べようもなく優秀。

帝国ホテル、日比谷公園前ですが、宿泊は半蔵門。予算の兼ね合い。お堀端を最高裁や桜田門を通り、日比谷公園を通り抜けて会場に。時間がないので翌朝の散歩コースにしようと思って5時半に起きたら寒の戻りで雨という。

半蔵門


で、半蔵門のホテルですが、17年前に火災報知器を施工管理で納めた現場。8階の部屋から国立劇場、最高裁、国会議事堂、内閣府、警視庁などが一望。最高のロケーションですが、当時はゆとりがなかったなあ。検査対応で徹夜で防火シャッターを落としたり、都の検査でスモークを焚いたり。引き渡し後に当時の雲の上の施工部長が設計事務所に呼ばれて、「よくやってくれた、誉めてやってくれ」と労いが。あれは嬉しかった。そういう計らいを先週の役員会で話したばかりだが、この現場が原体験であったかと懐かしくも再確認。

大手NK設計の先生でしたが、業者をその気にさせるのが上手な方で、大いに影響を受けています。直接誉めずに、組織を通してとか、深夜に及ぶ建設立ち会いのシャッター検査では監督さんから足場やさんまで200人を待機させたが「これで牛丼を買ってきて」と大枚を預かり、200食を手配。車座のの中心で一緒に食べる。現場を一つにする配慮を直近で勉強できました。


と、17年も経つと内装も設備もすっかりリニューアルされてました。東京はサイクルが早い。

半蔵門 解題
「客室からの眺望」備え付けのラミネートです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。