スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火災調査アドバイザー制度の2年目 】 静岡市消防局

慶事】静岡市消防局の火災調査力 2011-10-26 という記事から4年ですか。

火災調査で全国最高賞 静岡市消防局の担当者5人 (10/26 08:42) 静岡新聞

 静岡市消防局の職員5人がまとめた火災原因調査の事例報告が、消防庁主催の「消防防災機器の開発等、消防防災科学論文及び原因調査事例に関する表彰」で最高賞の消防庁長官表彰「優秀賞」に選ばれた。
 受賞したのは、予防課火災調査担当の池田嘉典統括副主幹、林大二郎主査と、千代田消防署の杉村全紀統括主幹、池田一主査、平井裕己主任の5人。全国から応募があった60点以上の中から、最高賞に輝いた。
 事例報告したのは、今年1月に葵区の店舗から出火した火災の原因調査。屋内配線の接続に使われていた部品「差し込みコネクター」から出火したことを鑑識と実験により立証し、その仕組みを解明した。再発防止のため、コネクターの製造業者に仕様の改善を求めたことなども報告に盛り込んだ。 25日、5人から受賞の報告を受けた寺尾達夫局長は快挙をたたえ、「今後も地道な火災調査を続けて予防に努めてほしい」と声を掛けた。池田統括副主幹は「調査を行う職員の励みになればうれしい」と声をはずませ、林主査は「技術を磨き、原因究明にさらに力を注ぎたい」と決意を新たにした。


 おめでとうございます。屋内配線の差込コネクタからの出火であり、製造メーカーに改善を求められたとのこと、電材店~工事業者にも内容が回ってくるのでしょうか。このような鑑識結果をもって今後の更なる安全な部材供給、施工技術の確立に業者側も情報収集に努めたいところ。
・・・ここまで再掲です・・・

出火原因究明 専門家育成に力 静岡市消防局   2015/6/16  静岡新聞ニュース

火事の出火原因を究明するスペシャリストの育成に、静岡市消防局が力を入れ始めた。管内6消防署の火災調査担当者を対象に昨年、独自に設けた「火災調査アドバイザー制度」の認定講習定員を、2年目の今年は倍増させて取り組みを本格化させる。同様制度の導入例は、さいたま市や千葉市など全国でもごくわずか。先進的な試みとして、具体的な運用に注目が集まりそうだ。
 制度創設の背景は、火災原因の多様化と複雑化。特に、老朽化した家電製品などから出火する「製品火災」の急増がある。
 同局によると、市内で発生した火災の原因のうち、「電灯配線・配線器具」「電気機器」を合わせた「製品火災」の件数は、2009〜13年の5年間で約80件と、前期(04〜08年)の10倍以上。同局の担当者は「景気の良かった時代に買われた家電に寿命がきていることなどの表れとも言える」との見方を示す。
 科学的調査技術が向上し、これまで究明できなかった火災原因が判定可能になった一方で、依然として一定数は「原因不明」のまま。複雑な構造を抱える機器、製品の出火原因を調べるには、さらに高度な技術、知識が必要になっている。
 消費者庁の発足などに伴い製品の安全性への関心が高まる中、原因調査に一層の確実性が求められているとの事情もある。調査結果は保険金の支払いや裁判などで重視されるだけでなく、製品の欠陥発覚のきっかけになる場合もある。同局が指摘した車両火災の原因が、大規模なリコールに発展したケースもあったという。
 講習は今月15〜19日と29日〜7月3日の2回を予定し、中堅消防職員ら計約30人が受講する。15日の初回講習で消防法の基礎などを講義した同局の林大二郎消防司令は「管内全体で、差のないレベルアップを図る」と力を込めた。

 <メモ>消防法の規定に基づいて行われる「火災調査」は、火災原因や損害を究明し、消防施策に反映させるのが目的。製品火災の増加を受け2013年4月、消防機関の調査権限を拡大する改正消防法が施行され、消防機関は製造業者や輸入業者に対し、調査上必要な資料提出などを命じることができるようになった。消防機関は、消費者庁、経済産業省、国土交通省などと情報共有し、製品火災の再発防止につなげる。

 以上、大切な記事なので全文の引用になってしまいました。静岡市消防局様の不断の努力に敬意を表します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。