スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこまで対応したら完璧か


【静岡県総合防災訓練】大雨で訓練中止になり引き上げる自衛隊・警察車両


静岡県総合防災訓練が初の中止 主会場に大雨警報    (2015/8/31 07:23) 静岡新聞

昨日は静岡、激しい雨でしたね。県と防災協定を締結している業界団体のうち、電気工事を取りまとめている社長さんとやりとりしていました。


<県総合防災訓練中止>地震と大雨同時発生備え課題 (2015/8/31 07:50) 同紙

大雨で県総合防災訓練が中止となり、会場を後にする各関係機関の参加者=30日午前、焼津市の大井川防災広場

 荒天の影響で計画した訓練の大部分が中止になった30日の県・焼津市・藤枝市総合防災訓練。総合防災訓練の開始以来37年目にして初めての事態に、関係者からは「準備したのに残念」との落胆とともに、あらゆる状況を想定したより実際的な訓練の必要性に触れる意見もあった。
 今回は政府が南海トラフ巨大地震の応急対策活動計画をまとめてから初の訓練で、「大規模な広域防災拠点」の静岡空港や東名・新東名高速道路などの活用を検証する機会と位置付けられていた。
 しかし、この日の訓練は、気象状況からヘリコプターなど空路の活用が見送られた。静岡空港に重篤患者を搬送する訓練を陸路だけで実施した焼津市立総合病院の太田信隆事業管理者(62)は、実際の災害時にも「大雨でヘリ搬送ができない事態は十分にありうる」とみる。その上で、事前協議なども含め「自衛隊などとの連携を確認できて良かった」と前向きに捉えた。
 同市の大井川防災広場では、東名の新スマートインターチェンジ予定地から自衛隊員が展開すると想定した訓練が計画されていた。こちらは全面中止を余儀なくされたが、国土交通省静岡国道事務所の担当者は「準備が大切で、関係機関と協議を重ねたことは実践で生きる」と成果を強調する。
 一方、地震と悪天候が重なった場合への備えに不安を示す意見もあった。国からの支援物資受け入れ拠点になる藤枝市の大井川農協農産物集出荷場は、大雨で駐車場に水が浮いた状態になった。同集出荷場の職員は「物資を載せる物流用の台は用意できるのか。雨の中で訓練すれば、実際の様子が分かっただろうに」と中止を残念がる
 行政側は、大規模訓練の実施で得られる効果と、安全の確保のはざまで頭を悩ませる。県危機管理部の担当者は「実災害でも天候が悪ければ、航空機は飛べず、公助が遅れることは必死。住民自身も緊急持ち出し品に雨具を加えるなど、今回の経験から災害へのイメージを膨らませてほしいと求めた。

悪天候と災害が重なる最悪も大いに有りうるので記事に彩色した通りです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。